So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017年春から始まったドラマたちよ [小説と映画]

『コードブルー3rd』
新垣結衣さんと毎週会える機会が失われるのが辛い。
何はともあれ それだけで幸福でした。
戸田恵梨佳さんは 『リバース』とは別人28号の役を
そつなく 好演。灰谷役の成田陵さんは『逃げ恥』とは
打って変わった役を好演。若手の演技派として
今後注目されていくでしょう。脇でも主演でも期待できる。
成りきり集中力の高さが別格。
ガッキーダンスがなくってもよいのだった。
ただ 話は ピアニストの少女の脳腫瘍の後遺症だとか
山Pの藍沢のキャリアアップだとか 盛り込み過ぎだ。
ワンクールの量じゃない。患者が繰り広げる
『ER』の社会性には足元にも及ばないのは
フジテレビの戦略の問題なので致しかたない。

『黒皮の手帳』
シナリオのテンポが速すぎる。こちらも
2クール必要なのを無理矢理
1クールで語る窮屈さが 淋しかった。
ただ武井咲さんは好演。安島の結婚相手になる
NHKで野田さんというドラマの主人公をしていた
女優さんがよかった。出番は少なかったけど
脇役ながら 光っていた。すいませんお名前も確認せず。
伊東四朗さん演じる長谷川会長が 急変して牙をむく
あたりは かなり無理が在ったと思う。
最後の罠も ラストの武井さんの謎の微笑も
私は 少し違和感が残った。視聴者の想像力に委ねすぎ。
芥川龍之介の『羅生門』の黒滔々たる闇に消えた 
の余韻とは なっていない と私は思う。

『わにとかげぎす』
実は未だラストは観てません。本田翼さんに
早口させない方が もっとよかった。
どうしても早口になるのなら 監督が台詞を削ってしまうべきだ。
成瀬巳喜男監督は本読み段階で墨で塗りつぶして
脚本家の水木洋子さんといつも喧嘩していた。
特筆すべきは
殺人鬼上原を演じた俳優さん この人が秀逸だった。
お名前調べたのに忘れてしまった。失礼!
蟹江敬三さんとか内藤剛志さんの如く
悪役専門から次第に主役を張るタイプがやっと出てきた。
大滝秀司さんも 倉本聰さんの『2丁目3番地』で
かなしき税務署員を演じるまで悪役専門だった。
その役以来『うちのホンカン』で八千草薫さんと夫婦役まで
のし上がるのに時間は掛からなかった。
それにしても画作りは さすがTBS
ロケ場所も脇役の顔の揃え方も巧い。
世界の北野監督も
この周辺をもっと気にした方がよいだろう。

やすらぎの郷』は おなかいっぱい。
倉本聰さん凄すぎ。やりすぎ。でも大成功!
テレビドラマってこんなに面白いものだったんですね
と多くの人々が世代を超えて納得しただろう。
宮藤官九郎さんも坂元裕二さんも負けちゃいられんよね。

 八千草薫さんの出番がなくなって哀しい。
八千草薫さん演じる大女優・九条摂子姫さんが亡くなる前に
彼女を称して 心の洗濯屋さんと言い切ってくださったのは
倉本聰さんの極め付け名台詞だった思います。
心の洗濯屋とか心の掃除人になるのが
役者やシナリオライターやスタッフの使命なのだ。

ところで 若き日の八千草さんが主演された
『三四郎』の映像が引用されていたけど
捜して観ないと♪
ただ 漱石原作映画って
どうしても原作に負けるのです。
なぜなら 漱石の小説は読み手の映像的想像能力を
相当の腕力で引き出させる言葉の力が別格だからです。
そして小説という存在の役割は
我々の映像=イメージ能力を鍛える ということです。
MindGameをしに生まれて来た人間存在にとって
感情教育の目的地を其処へと明確にした
夏目漱石の偉大さについては 余計かもしれませんが
此処にしたためます。

このドラマについては いずれ別に稿を改めます。
未だラストまであれやこれやあるようだし。
浅丘ルリ子さんが このドラマは石坂浩二さんだから
成立したと仰っていたけれど 全くその通り。
まぁ 言わずもがなのことですが
高倉健さん もう少し長生きしてこのドラマに
秀さん役で出てほしかった。藤竜也さんも好演されてますが
高倉さんあてがきで さぞやり辛かったでしょう。


nice!(5)  コメント(0) 

あくまで 小説ネタですから [小説]

本気にしないでくださいね。 こんな考え方もあるかもです。
但し以下のネタで私自身は小説を書かないと思う。

現在の総理大臣が 都合が悪い状態になると
半島の独裁国家はミサイルを発射して
日本国内の総理大臣批判のヒートアップを消火している。
これは 結構事実かもしれません。

昨日 何気なくネットで見つけた記事。
半島の独裁国家は 中国東北部 つまり旧満州帝国を
初代独裁者の時代から割譲を欲求しているそうです。
つまり 核開発と核実験は 
表向きは米国に対峙するためですが 実際の
標的は 中国なのです。初代独裁者と毛沢東の間で
口約束があったとか・・・ 二代目は更に いつですか
と迫ったそうですから。

満州における 旧日本帝国陸軍 悪名高き
関東軍は 敗戦後 ソ連と闘うことを殆どせず
満州の日本人を見殺しにして 半島に居座り
現在の半島独裁国家を築く・・・・。
日本の軍閥 軍需産業の人と技術を戦後の
ドサクサに紛れて 貯えた。都市伝説ですなぁ。
でも 在り得ないことはないんです。

以上の3点をダイナミックに展開するのが
天皇の黄金 ゴールデンリリーと称される
隠された金本位制の正体に迫ることですが

そんなもの解明したら 殺されますがな。

ところで 日米開戦の引き金になった
ハルレポートは 米国に居たソ連のスパイたるボルシェビキが
ハル長官の秘書官になっていて 彼が書いたものであることは
つい最近 明らかになりました。
本当のハル長官の日本への要求は
満州に米英軍の駐留を許可し 反共産で蒋介石とも
連動しソ連の南下も食い止める
だったそうですから
それが本当に来ていたら
最後通牒とはなっていなかったでしょう
 
そして 昭和帝が九段下の神社に参拝するの拒否した
理由として語られている A級戦犯合祀 とくに
あの憲兵あがりの総理大臣、この人は
ポツダム宣言受諾にあたり
英国、中国の仲介を嫌いソ連に仲介を頼んだ愚か者です。
今の総理大臣もロシアと仲良くなりたがってるのは
偶然でしょうかしら

ただ 昨日 独裁国家への制裁の行き過ぎを止めたのは
ロシアの大統領です。
石油全面輸出禁止を取り下げさせました。
「そんなこしてみろ 日米開戦と同じ口実を
 関東軍に与えるだけじゃないか」
と彼が仰ったとは思えませんが さてさてどうですかね

 ところで TBSの警察を舞台にした歌舞伎ドラマで 繰り返してました。
 【敵は味方のふりをする】
これって 本当なんですね。歴史上も。

 思い付きの小説ネタですって。
信じる人などこの世に一人もいないはずです。
ねぇ 信じませんよね ねぇ
 

nice!(5)  コメント(0) 

ちょっとお久しぶりですけど [小説]

ふくろうさんから 『私が小説家になろうとした理由』という記事へ
3年ぶりに激励のコメントを賜りました。
ありがたい! まことに ありがたい。沁みますね。

ところで
チンチラまじりの、ライオン風の毛並をしているので
私がエルザとあだ名した野良猫がついこないだまで
二匹の子猫を引連れていたのに
暫く姿を見せなくなっていました。 
昨日まで爽やかな晴天の下近所の八幡様の大祭で
街は賑やかでしたが 今日は朝から雨模様。
サッシを開けて空の具合を眺めたら
目の前の大家さん方の軒下に在る
発泡スチロールに土を盛った
プランターから ニャアというか細い声。
見ると 随分毛が少なくなったエルザが一匹。
暑くなり自然に抜けたとは思えない。
しかも その目つきが鋭くなりすぎていた。
周囲に子猫の姿がない。人間への不信感を露わにした
しかも 悲しみにくれたような気配を漂わせていた。

私の小説において 猫はエジプトの猫の神様のような
役割を果たす場合が多い。あのエジプトの猫神は
実は宇宙人だという説があるように
ステロタイプの異星人グレイは 猫に似ているのも
あながち 偶然の一致ではない。だから宇宙人の仮の姿として
私の小説に登場している。
又 猫はすぐさま七回生まれ変わると言われるように
パラレルワールドの時空跨ぎを案内する能力がある。
私は そう信じているし そう定義している。
        ※

 話はいきなりサッカーになる。作家ではなくて。
いつの間にか日本代表は6大会連続でWorld Cupに
出場することになっていた。 
本田選手と香川選手無しで 2-0で天敵豪州に勝った。
何よりも 完封したのが 驚きだった。
現日本代表監督になって以来 格下相手に失点が多く
いっそ本田選手をベッケンバウアーの如きリベロにしたらと
思っていたけど まぁ 世代交代だと騒いでいるらしい。
確かに いつまでも本田と香川でもない。
かといって じゃあ 彼らよりも欧州で通用しているのって
なんのことはない 同世代の長友選手じゃないか!
しかも豪州戦の先取点は 長友選手のゴールといってもいい。
よくオフサイドとられませんでした♪だった。
二点目の井手口選手のミドルシュートは 原口選手と頑張って
相手ボールを奪取して 豪州の守備陣を引き寄せながら
パスだすと見せかけて撃ち込んだ見事なシュートでした。
でも ブラジル大会で本田選手が前半 ヤヤトゥーレ選手の
タックルかわして撃ち込んだミドルの方が 凄かったわ。

 ザッケローニ前代表監督が 日本代表の唯一の弱点は
『臣従関係に囚われる』というハートの問題だと指摘した。
そう。でも仕方ない。霊主体従だから日本人の本質は。
だからと言ってその霊主体従の意味は 
霊が原因で物質界が結果ということを忘れるな と 
日月神示には明確に表記されている。
つまり畏れ敬うべきだが 神は人間という土台がなければ
神なりえないのだから まつろえ まつれ 祀れと在る。
つまり まつろえとは 幼子が親の手にまつろうが如く
親を信じその手に触ろうと笑顔で付いてくるあの姿だと
日月神示には 書いてあるから 本当の意味で
現在の日本人が 神に対して 霊主体従しているのではない。
寧ろ その霊主体従を逆手にとって人間心で勝手に解釈し
上位下達 自分より上にある人には隷従すべしになる。
現内閣の米国に対する姿勢もまさしく隷従です。
幾ら憲法9条を改正しても 日本精神は取り戻せません。
それでも アメリカ様の言い成りになるために 
治安維持法の復活 共謀罪も強行採決し 
次は不敬罪を復活させますると
天皇陛下は二の次で 米国様にそう誓いを立てる
愛国者の振りして売国奴の日本会議方々様です。

 サッカーの話が 変なところへ イッテルゾナモシ。

 美しの国日本というのは 間違いでして
 写し、現しの国が神道の本意であることを
我々は 天武帝持統帝以来 誤魔化されているのである。
何を写すのか現(うつつ)にするのか 
それは 神の意です。
しかし 神は我々の中にも存在するのです。
一方的な外の神からの押し付けなど 在り得ないのが
本当の 神の道、神道であることを 皆さまゆめゆめお忘れめさるな!
日月神示の偉大さは それを明らかにされたこと。
この原理でいけば ジョンレノンの『Mind Games』と合致します。
『Mind Games』のイントロ その初っ端
頭上から一閃の光明が降りてくるような音の表現に私は
改めて今頃感嘆する。 
nice!(4)  コメント(0) 

理想のトマトで簡単なスープをつくる [マーケティング]

男子厨房に入らざるを得ない身上ゆえに
私は 毎晩スープを拵える。
冬は味噌汁でいい。夏も濃いめの味噌汁に氷を入れれば
冷や汁だ。しかし味噌汁にはやはり飯が要るのだ。
今のところ夜は炭水化物を
スープに入れるジャガイモ二分の一個だけにしている。
グルテンフリーにして頗る体調が良いので
ラーメン うどん パン そうめんも避けている。
まぁ偶には頂戴いたしますけれどね。

さて。件のトマトジューススープの作り方
分量は 一人分です。
水は250ccぐらい。
切り出し昆布チューインガム一枚の大きさ。
味の素のだしのもと小さじ一杯半程度。適当に。
塩は一つまみ。(私は藻塩使用。塩化ナトリウムは使わない)
以上に 
ジャガイモ二分の一。薄めに切る。ピーマン大き目一個。
みじん切りにする。玉ねぎ大き目の八分の一個。食べやすいように
切ります。みじんにする必要は無いです。
カベツ、いやキャベツを 目黒のとんかつ屋とんきで
おかわり二回した分ぐらい。但しあんな芸術的に千切りにしない。
根っこというか芯のあたりは細かく刻むけど。後は
適当に切ればいい。どうせ煮るとヘロヘロになる。
だが冬の鍋の白菜と同じでカベツの担うスープにおける
縁の下力持ち的頼もしい役割は余人において
しかと認識せねばなりますまい。
イワンデヒソノヴィッチの一日
というソルジェンチン氏のシベリア収容所生活を記した小説にも
カベツのスープを描写するところだけを私は記憶している。

さらに
オーケーストアーで売っている、イタリアのらしいけど
日本語表示してある、柔らかく煮てある「ひよこ豆」
又は「赤いんげん豆」「白いんげん豆」を食べたいだけ。
(流石に一箱は一人分としてお薦めしない。)
すべてを鍋に収めて 後は強火で煮立たせ
日本酒なりワインなり大匙一杯ぐらい入れて香り立たせ
下戸の私はアルコール分を飛ばす。
次に醤油を大匙一杯半。ウスターソースを大匙一杯。
鍋の蓋をして弱火で8分程度煮る。5分したら
伊藤園の理想のトマトジュースを100cc程度淹れ
残り3分待つのだよ。
人参とセロリーを加えることもある。パセリを冷凍させ
できあがりに粉砕して乗せると上等である。
私は煮出した昆布も面倒なので食べる
煮出した昆布の粗熱を取ってラップに貯めて
後日乾煎りして醤油と酒、みりんで煮詰めると
佃煮になるけど 今は 面倒だから致しません。
冬ならやりますけどね。

はっきり言ってこのスープ毎日でも飽きない。
いや これを頂かないと調子が善くない。
このスープの後はオーケーストアーで売っている
塩分5パーセントの塩辛くない梅干をa few。
熱いお茶と一緒に戴くと日本人に生まれてきてよかったと
つくづく思う。仕上げは 胡桃を齧りながら
理想のジュースと大塚食品の傑作・スゴイダイズを
カップの中でかきまじぇええると
なんと動物性脂肪分無しのビシソワーズが
味わえるではありませんか!

しかし。伊藤園は素晴らしい。
カゴメの一社独占市場だったトマトジュース市場を
今や根底から覆すのではあるまいかという勢いである。
しかしてカゴメは どうしてあんなに不味いトマトジュースを
何十年も作り続けてしまったのだろうか・・・?
どうでもいい野菜と水っぽいトマトジュースを組み合わせたり
塩分無しで何を飲んでるのか分らないような味の
トマト?ジュース?みたいのを平気で売ってしまいました。
食品のプライマリーベネフィットは余程の事が無い限り
「おいしい」に尽きる。「おいしい」という
プライマリーベネフィットが達成されていれば
後発だろうが 値段が少し高めだろうが
生活者は正直に反応するのです。
そのための イノベーションです。
ドラッカーのマーケティング原理どおりで良いのですね。
伊藤園は あの人参をジュースにしてもいます。
充実野菜ジュース。ロングセラーです。イノベーティブでした。
人参が体に良いことは誰も分っていました。
しかし おいしくなるとは誰も想像できませんでした。
充実野菜ジュースは おいしかったのです。
そして飽かず弛まず伊藤園のinnovationは
トマトジュースに向かったのであります。

大塚食品のスゴイダイズも凄いです。濃いだけじゃない。
今までの豆乳の味を超越していることは確かです。
生クリームに近い味わいであり しかも
卯の花(おから)を同時に摂ることにもなる。
健康的にも おいしいわけですな。だから
理想のトマトジュースとまぜると
ただそれだけで ビシソワーズができあがるわけです。

 スゴイダイズのアイスクリームってのは 
大塚食品から 商品化されているのかしら?
できることなら ブルーベリージャムか杏子ジャムと
合わせたカップ型が 嬉しいなと思う次第。
ハーゲンダッツの牙城を切り崩す・・・かもしれない
以上 マーケティングセンスの高い
フリーランスのコピーライターである
私 星野秀夫のレポートでした。
スープに拘るのは辰巳芳子先生へのオマージュであり
私の小説は『テイル・スープ」ですから。


束の間のドラマウォッチング [映画 ]


『やすらぎの郷』については
それこそ毎週でもつらつらと書く事はございますが
まぁ 此処ではやめておきましょう。
浅丘ルリ子さん 巧いよぉぉお ぐらいに。

○『コード・ブルー』CX

新垣結衣さんと戸田絵梨佳さんがご出演ですので
そら チェックしますけど あたしゃこのシリーズ
駄目なんだ。どーしても 米国製の『ER』と比較してしまうから。
あっちは新人でもアグレッシブで 知ったかぶりして
余計なことまでするヤツラばかりだけど
大丈夫かぁ日本・・・てな思いもするし
にしてもドラマが浅いよ。人間を描こうとしていない。
長谷川伸を読んでしっかり人間を見詰める視線を学んでほしい。
どいつとこいつを描くとこういうシナジー効果があるとかさ
こういう病とこんな傷口が構成されると意外な
光景が人間の心の奥に見えてくるとかさ 
美学校で高橋洋先生か西山洋一先生におせーてもらいなさい!
いきなり『ER』レベル求めやしません。
米国と日本じゃ生きていく厳しさが土台からして違うのだ。
どれほど我が国は未だ恵まれているかを感じ知るために
このドラマを観るのもよいけれど。
ガッキーと毎週会えるから。tVerでも『雪肌精』とノアのCM観られるし。

○『わにとかげぎす』TBS

『カルテット』でクドカンさんのフラダンスを絶妙なカメラ位置で
ショットし ぬかりなくアングルで語る術をお持ちの
坪田監督だったので 観ました。なるほど 相変わらずアクション繋ぎも
温故知新的というか古典的ハリウッドスタイル
特筆すべきは本田翼さんの良さを引出している。
綺麗綺麗に撮るのではなく シルエットを巧く使って
彼女を魅力的に見せている。『安堂ロイド』の時に可哀想な起用をした
罪滅ぼしとして有り余る出来栄え。彼女の出世作又は代表作になるだろう。

○『黒皮の手帳』テレ朝

『女囚さそり』のやり損ないになってしまった『女囚セブン』でも
黒皮の手帳とか言っておりやしたが へぇ こっちがほんまもんどすえ。
とはいえ アタクシ 不遜ではございますが松本清張さんの小説って
どれも面白いと思ったことないんどす。って京都弁みたいになるのは
『女囚セブン』の剛力彩芽さんが舞妓はん役だったんどす。
戻します。こちらの主演は国民的美少女の武井咲さんです。
相変わらず笑顔は 吉永小百合さんとよく似ています。
そしてネット上では彼女の演技の評判が悪い。
アタクシは 全く上出来だと思います。ただ初回でいきなり
銀座に店持つまで一気だったから 観る方の目がついていけない
つまり動体視力の芳しくない方々には 武井咲さんの芝居の 
微妙な陰影を感覚できなかったかもしれない。
はっきり言えることは 念書を奪いに行く時に 
あの装いをさせたディレクターの感性の無さの方を
嘆くべきかとアタクシは思う。
鎧としてのハッタリボディコンは 笑うぞなもし。
まぁフランス製のスーツあたりが穏当だろうね。
チェックし続ける可能性は 低いかな。
武井さんがテレ朝で天気予報士をしながら事件を解決する
ドラマがありましたが あれは 彼女にフィットしていて
無表情を通す芝居に 寧ろ いぢらしさすら覚ゆるほど。


 やっぱ 一スジ 二ヌケ 三 ドウサだな と思う。
 一番大切なのはシナリオ 二番目は 撮影手法
 三番目に 芝居 仕草 アクション。
 日本映画の父と謳われたマキノ省三監督の有名な
 映画についての 箴言でごわす。おいどんもよしごわす。
 って鹿児島弁がどうして口を突くのかは 謎である。
映画にしろドラマにしろ 動く絵 が根本なのです。
オペラとか歌舞伎とかは 寧ろ
音の世界が優先すべきなのです。舞台の芝居もそうです。
もともと 舞台の演劇ってのは 詩の朗読から始めっているし。
やはり三次元的なのであります。映画やドラマは三次元じゃない。
やっぱり 二次元の世界なのですよ。音による立体化感覚。
ゴダールがソンイマージュとして追究したテーマは
気高いわけですよ。 立派だなぁ ゴダールって。
やっぱり物理学的な又は数学的なアプローチになっちゃうんだね。

なぜ 私が小説家になろうなどと思い込んだかの記 [小説]

余りの暑さにヤケクソでエアコンをつけて
一円になもならない文章を書いているので
そういう自問をし 自答を思いめぐらせる。
ということで
以下 その自答は弁明のようなものである。

その壱
中学二年の三学期。国語担当の荒井先生が
「わたしは この年度を終えると
二十数年に渡って天職と信じてきた
国語教師を辞めて 小樽の実家を継ぐことになりました」
そう授業終わりに語り始めた。
荒井先生が小説家を目指して早稲田大学に入り
奮闘したけれど 結局自分は国語教師になったこと。
それでも自分の教え子の中から 一人 作家になる生徒と
巡り合えたら その時 自分の天職としての
国語教師としての役目は 果たせたといえるのだと
信じてきたこと。 そして 
まさにその生徒と巡り合えたと喜んでいた時
小樽の稼業を長男として継がざるをえない事態となったのは
運命というほかないと 先生はやや紅潮して語り終え
やおら
荒井先生は 私に向かって ありがとう と仰った。
確かに 旺文社の夏休み読書コンクールで奨励賞を
貰ったけれど それは夏休みの宿題だから書いただけで
自分で応募したわけじゃなかった。おそらく荒井先生が
応募してくださったのだろう。

その弐

テレコムジャパンという会社で その参まで続く噺がある。
企画演出部で二年ぐらい経っていた頃
洋酒メーカーのサントリーのハウスエージェンシー
名門と謳われていたサンアドでCМディレクー募集があった。
その頃 私はParcoから映画の企画を個人的に依頼されて
会社の仕事もうわの空状態だった。つきあっていた彼女からは
そろそろ結婚みたいなことをデートの時に言われていたが
なにせ映画監督になるのが私の目標だったから
そちらに私の集中力は使い切っていた。
荒井先生からは小説家といわれていたが 映画監督でいいじゃないか!
そもそも私は小説家になる気なんか全くなかったし
寧ろ漫画家か画家になりたかったのだ。そして 映画監督ぐらい
画家のなりそこないに向いた職業はないのだ!と高校時代に自分なりに
小説家呪縛を取り払っていた。
そう 私は画家になりたかったのだ。本当はね。

 サンアドを受験したのは 企画演出部のYM先輩からバカにされたからだ。
「君は受けても一次の書類選考で落とされる」
そういう冗談には ムラムラと闘志が湧くタイプなのだよアタクシは!
そしてその先輩の鼻をあかしたい一心で受験し 私は最終面接まで残った。
その通知をその先輩の鼻先にちらつかせた時の爽快さは今でも忘れない!
だから 後はどうでもよかったのだ。
そうして パレスホテルにあるサンアド社の面接会場のドアを開けると
壮年の紳士が私の二次試験で描いた つかこうへいが早慶戦で
オールドを飲みながら負け惜しみを語る サントリーオールドの
テレビCMコンテを片手に いきなり
「星野!君はコピーライターで入って小説書いてなさい
 開高健と山口瞳 知ってるか?」
存じております。と応えた。私はその社長が高橋進さんだとかなり
後年になって知ることになるが その節 私は
まず総務部長の品田さんが 仲畑貴志さんをサンアドで育てた
あの品田さんかなぁという質問をしたくてうずうずしていた。
そしてあの碧色地に真紅のステッチが入ったチーフを襟に捲いている
紳士は もしやして トリスの「どーすんだよ」シリーズを
企画した酒井さんではあるまいか そして酒井さんの横に
いらっしゃるのは アートディレクターの副田さんだ。
副田さんは 広告雑誌でよくそのお見受けするから。
すると「社長 星野さん着席できませんよ」
品田部長さんがそう声をかけてくださって ようやく座ったが
面接時間の間 サンアド社長からは 小説家になるべきだ論が
繰り返され退室寸前にやっと 品田部長さんに
「仲畑さんにカレルチャペックの園芸12か月をお渡しになった
品田さんでらっしゃいますか」と質問したら
品田さんは 小さく「ええ そうです」と頷かれた。
酒井さんと トリスの話をしたかったと思ったが サンアドに入社したら
ゆっくり聞けるさと スキップして家路に着いた。
だが結局私は 不合格だった。ショックはなかった。
なんせParcoで映画を創ればいいだけだったからだ。
そして私と企画演出部同期と言ってよいM君がサンアドに合格する。
サンアドに入社したM君から電話がテレコムに入った。
「なんで 星野さんコピーライターで入社するの断ったの
 毎日 社長が 僕の机のところへきてそればっかり話すんだけど」
私はお断りした覚えなど無い!そうM君には正直に応えた。
お断りなど断じてしていない!するわけがない。
そのくだりを当時付き合っていた彼女に話して
私はフラれることになるのだが・・・・。
そしてその参。
彼女の怒りが噴火する直前 私はテレコム通信という社内報の
インタビュー記事を担当することになり
テレコムがテレビマンユニオンコマーシャルという社名時代に
プランナーとして働いていた小説家の矢作俊彦さんに
お話を伺いに 東横線の反町へ大雪の中会社のデンスケを持って
出向いた。聞きしに勝る変人 いや天才肌の方でしたので
テープ起こししたら 社内報の編集長のK氏にこっぴどく叱られた。
おまえはもっと会社の奴隷になれ などという小汚い言葉を
浴びせ掛けられると アタクシ 俄然ファイトが湧く性質でして。
天才肌のハードボイルド作家のかなり面白い噺を
再構成して 終いにはアルチュール・ランボーなんぞを匂わせて
締め括ってやりました。K氏も「やれば できるじゃないか」と苦々しくも
降参の態と言う有り様でした。フフフ。
それでも私はその原稿を矢作先生の承諾を得ぬまま
K氏に承認を受けるような道義に外れたことは致さぬ者でした。
矢作さんからは お電話で「Kが ガミガミ言ったって?
そもそも俺とあいつは仲が最悪だったのに インタビューに
おまえを寄こす料簡が 忌々しいやね 再構成、あれでいいよ」
流石 ハードボイルドだどぉ いや いなせでございます。
教育大付属駒場出身者でございます。
後日 このハードボイルド作家さんから
「大友克洋の漫画 SFなんだが 原作手伝え。
 そうしているうちに出版社の編集者と仲良くなって
 おまえなら三十前後で小説家になれると思う
 但し会社は 暫く勤めておけよ 
 宝官さん(テレコム社長)には俺から話入れておくから
 適当に勤めていればいい。それと 自衛隊を舞台にした
 別の話でも大友とやるけど そっちには軍事武器マニアの男が
 参加する。そいつも一緒だけど
 あの反町の俺の仕事部屋 一部屋開いてるから
 おまえの彼女が厭じゃなければ同棲しても
 いいよ。いずれにせよ家賃はロハでいい」
てな ありがたい噺を受けたが
Parcoの映画が暗礁に乗り上げ 付き合っていた彼女は
いきなり怒りを噴火させ会社に謎の休職届けを提出し
九州の実家へ突然帰ってしまった そんな事態の中で
オロオロしている内に 頭が混乱し 
矢作先生への受け答えもうわの空になる。
今思えば 矢作さんのところに伺って相談すべきだった。
「九州に跳ぶべきでしょうか」と。
そうしたら どういう回答が出てたかなぁ?
そういうことをせずに私は Parcoの映画について
一人で奮闘をしてしまった。ニンテンドーのファミコンゲームとの
コラボ企画に一人奔走したり。
そうしていればフラれた事実を
受け容れられると信じたからだろう。そして
そんな状況をそのまま短篇小説にして文学界新人賞に応募したが
その結果など顧みることすらしなかった。
なぜなら 私は ただ 頭の中が混乱し不眠症になっていて
その自己治療するために推敲すらしないで書いただけだから
さぞかし酷い代物だったはずだったし しかも
私は 銀座の小さな、できたばかりの広告代理店に
出向させられ そこで ブルーレット【おくだけ】 
というネーミングをし 後は広告屋&マーケッターとして生きる日々が
慌ただしく私を待ち受けていたからだ。
そして 映画とも小説とも長いお別れをすることなった。
しかし 長いお別れには 久方ぶりの再会が宿されている。
永遠の別れでは ないはずだ。
最後に 藤沢周平さんが 書いてらした一文をしたためる。

藤沢さんが 小学校の高学年の頃。冬近い庄内の自宅で
留守番をしている時 見知らぬ鳥打が 訪れ
弁当をつかわせてくれと 頼まれた。藤沢さんは
とりあえずお茶の用意をし 囲炉裏端へ座布団を敷いた。
弁当を食べ終え 茶を飲みながら目つきの鋭い鳥打の男は
「あなたは 将来 教師・・・ いや 物書きになる」
いきなりそう述べ 礼を言い猟へ向かうため家を出た。
藤沢少年は 後年 小学校の教師になるが 胸部疾患で
泣く泣く教師を辞し 関東のサナトリウムで長い闘病生活をする。
漸く手術をし 故郷に戻ることもできず 新橋の
業界紙の記者として勤めることになる。教師にはなりそこねた。
業界紙とはいえ 物書きではある。既に三十代だった。
肋骨を数本切り落とすという乱暴な手術で
すっかり病弱な体質となりながら家庭を持ち 
業界紙記者として働く。やがて四十代半ばを過ぎて
藤沢周平さんは 唯一の趣味として毎年短篇小説を一作書くことにした。
おそらく 彼がそうせざるを得なかったのは
鳥打の鋭いまなざしを 記憶から消すことができなかったからだろう。
そして その一文の締めくくりに
「十代の前半あたりに 私のような預言めいた事を言われると
 その呪縛から解かれることは 困難なのだ。しかし
 私は そのお蔭で こうして小説家になれたのも事実なのだ 」

以上 私の弁明陳述は これにて おしまい。
皆様 暑さに負けずに!ファイト! 
闘う君の歌を闘わない奴等は嗤うだろう ファイト と
やすらぎの郷』で ディープな『六羽のカモメ』的な
エピソードで 歌ってましたね。 人間誰しも 闘っているんだ。
ファイト! 闘わずに嗤っている奴なんて逆に存在しないというのが
あの歌の凄味だと 私は思うのだけれど ね。

ソール・ライター展とBabel展について [美術]

書くのを忘れていた。
書けるうちに書いておこうっと。

先月 『ほぼ日』で紹介されていたので観てまいりました。

○ Babel展

まず展示の仕方が巧い。 お目当てのブリューゲルの『バベルの塔』へ
向かう通路に巨大なカラーコピーで否応なく本作との対面を
盛り上げるとか 映像展示で『バベルの塔』の中に入り込む
コンピューターグラフィックスが とても良くできていて
ブリューゲルが生きていて目にしたらさぞかし驚喜したろうと
思ってしまいました。

この絵画を私は学生時代の『Suggestion』という映画で
タルコフスキーとゴダールの真似をして引用しました。
実物を観る事はなかなか困難でしたし 今回は残念ながら
同時展示はできなかったけれど もう一枚 神の怒りを買う
寸前、塔が完成して異様を誇るブリューゲル作品があるのですが
それをオーバーラップさせたりしました。
タルコフスキーは 『ソラリス』と『鏡』に
ブリューゲルの『雪中の光景』を何度も引用していました。
その影響でなけなしのカネを遣って買い求めた
ブリューゲルの画集は未だ手元にあります。
そして 私は その画集から上記の二枚を選択したのでありました。

 そのお目当てに辿り着くまでに
15世紀のネーデルランドやフランドルの画家の絵画が
たくさん紹介されていました。
イエスキリストの真正面からのリアルな肖像画などという
当時未だ教会の圧力が強い時代ですから イエスの肖像、
しかも真正面からなんて ほぼ在り得ないはずなのです。
しかも どうみても その面立ちはモンゴロイド
つまり我々東アジア人にしかみえない。
毛髪は黒く艶やかで 口の両端にたくわえた細長い髭。
目は奥二重で やや眠たげな目つき。着用しているのは
どうみても中国的なデザインだし 首回りを飾る
宝石も ナザレのイエスを描写したとは思えないほど
金満家の如し。 でも イエスなんですよ。
更に マナの壺を捜索する画家 という作者名のある
『祭壇』という小さな絵画の前で私の足は止まってしまった。
マナの壺ですよ!どうやら当時のフランドルには
ユダヤ人の画家たちが 実名を明かさず絵画を世に出していたらしい。
そして そのユダヤ人画家は おそらく
イスラム統治下にあったイベリア半島から逃れて
ネーデルランドやフランドルに移住してきたユダヤ人でしょうが
しかし 祭壇に捧げられているのは
麦ではなく 米 稲穂なのです。 
伊勢神宮にある三種の神器にマナの壺と思わしき存在がある。
それを明治初頭に発見した欧州の学者が
やっぱり 日本人は 古代イスラエル十部族の可能性あり…。と
伝えたとか。日本人は幼児の頃 ごはんを まんま というでしょ。
という想定外の驚愕に不意打ちを喰いながら
『バベルの塔』の実物を目の前にする。
感想→ ゲッ こんなに小さな絵だったのぉおおお!であります。
画集にもサイズ表示あったし 大きな絵ではないという解説を
読んで記憶もしていたけれど 愕然とするほど小さかった。
フェルメールの実物をヨーロッパで観たときも 
ここまで ちっこい絵だとは・・・・思わなかったし その美術館に
辿り着くまでの飛行機代とか列車代とか思うと 半分泣いて
半分笑ったけど まぁ 混雑した日本のフェルメール展で
見えるよりか ましか と気を取り直した記憶が蘇っていた。
まぁ今般は 上野までの電車賃だけだし 混雑してなかったし
画布素材や絵具の乗せ方 パレットナイフの抜き方まで
おぉう ガンミじゃん!って もう 画家になんかなれないし。
どうでもいいんですけどね。
しかし とんでもない細い筆で丁寧にタッチしている個所ばっかり。
パラノイアじゃないとできないですね。こういう仕事は。
水玉ばかり描いている女流画家さんがいますけど
『バベルの塔』でも虫眼鏡でよく見やがれ!と言いたくなっちゃう。
で その後 ほぼ日のヒグチユウコ展に行こうと思ったのですが
まぁ 明日にしよッ と帰宅してしまったので そちらは
結局観賞しませんでした。上野に行くとどうしてもアメ横で
胡桃を買って帰りたくなるので。

○ ソール・ライター展

こちらも『ほぼ日』での紹介記事を読んで。
ヴィヴィアン・マイヤーという無名のまま老いさらばえて
死に絶えて 撮りまくった写真を危うく全て焼却処分される
寸前だったのを 奇蹟のように救われて 
今や世界中で賞賛される米国の女性写真家がいらっしゃるけど
この男性の写真家も 若い時はモード雑誌の専属カメラマンとして
相棒のグラフィックデザイナーにも恵まれ 活躍していた
マイヤ―女史よりは れっきとしたプロフェッショナル。
但し 広告写真家として生きることを優先させ
安藤広重や葛飾北斎にインスパイヤされて
大胆な構図で 撮った写真を 公にしなかった。
マイヤーは自分で現像して焼き付けをする作業を
業者に任せていたので 彼女をプロと見做す事を拒む人も居る。
だが 待ってほしい。 ライターの作品をじっくり眺めると
この写真家が レンズを通して 鏡や反射しうる何物かに
映り込んだ像、ショットを描くために構図を選んでいるゆえに
ネガを自分でじっくり作る現像技術と印画紙への定着を
計算し焼き付ける技術は 
寧ろ彼の文体を成立させるためには そして文体は内容が決めるのだから
絶対に必要だったのだ。 ヴィヴィアンの撮影内容、テーマには
そのソールと同じ文体が必要じゃなかったでけなのだと 私は思う。
彼の雪や雨 更には結露した水滴に対する感受性の高さに
驚く事は 誰の目にも明らかだろう。
偶然を装った演出だってちゃんとしている。
とはいえ ヴィヴィアン同様街をうろつく時は
ソールも首からカメラをかけていた。しかも ライカの名機をね。
その証明というか 彼が偶然街で遭遇した事故現場の一枚があった。
報道写真としては失格かもしれないが
やじうまの肩越しを巧みに活かして 左上部のほんの片隅に
事故に遭って白目を剥く被害者の痛ましい表情が写されている。
わざと手ブレなんかさせていない。しっかりカメラの底部を片手で固定し
シャッターを押す指には ライカを揺さぶる如何なる衝動にも
適応する準備ができているような構え方をしていなければ
あんなショットは撮れないと私は思う。

無視されるという特権。
 彼は後日 最晩年80過ぎて再発見され インタビューで
そう 主張した。負け惜しみといえば負け惜しみだ。
だが 無視され続けたお蔭で 彼は徹底的に
孤立しえたのだ。ピアニストのグレン・グールドが唱えたのと同じ
あの「孤立」のことである。漱石が家族を抱えて居なかったら
その「孤立」を求めると書き残しているぐらいだから
芸術家のなかには そういう気分があるものなのだ。
ヴォネガット場合は「孤立」したいなんて思っていなかったが
家族が多すぎて「孤立」せざるをえなかった。
それが この小説家を類稀なるstorytellerに育てたのではある。
なぜって 余りにも小説家として淋しかったので
面白く語る術を必要以上に磨き上げてしまったのだ。
俺が死んでから こんなに面白い物語を書いてたんだ!という
人々の驚き具合を 
あの世に逝ってから見物してもいいものに違いない!
その気持ちは 私もよくよく解かる。
だから煙草をやめないのだ。

話が相変わらず横滑りをしたが

ソール・ライターが無視される特権のお蔭で得をしたのは
アラーキーかもしれない。
ソール・ライターが 絵画の素材にするために撮影した
恋人やテレフォンガールを撮影したヌード群のコーナーがあったが
あの荒木経惟さんのような 猥雑だからこそ愛おしさが極まる
そんな瞬間を抜群のアングルで撮っている。
どれも 素敵な猥雑の極北。つまり 孤立している。
プレイボーイ誌やポルノ雑誌ではお目にかかれない。
目の前の女性達に欲情することの美しさと正しさ を写し取り
尚且つ 彼はそれにドローィングをほどこし
絵画に仕上げ 自分にとってのヴィーナスへと崇め奉る。
まるでアラーキーじゃないか!
だけれど ソールは発表しなかったんだ。
60年代に彼がこれらの作品を発表していたら
我々は アラーキーを 別の荒木経惟として遭っていただろう。
So it goes そういものだ。

我々は マインドゲームスをしにきている [自分への手紙]

ジョン・レノンの1973年に発表した『Mind Games』は
ビートルズの末期に創られ、『Imagine 』の後に発表されている。
つまり 前者が突端で後者が発展型ということになる。
こんな歌詞が 『Mind Games』にある。

Yeah we're playing those mind games forever
Projecting our images in space and in time

我々は 想念ゲームを永遠に愉しんでいる
我々のイメージするところを 時空に投影し続けているだけさ

以前にも書いた通り 我々人類の宇宙における存在理由は
造化の妙放出器官である。但し殆どの人々は
95%の脳細胞を共通無意識に拠って造化の妙放出器官として遣い
天才・アインシュタインでさえ 10%程度しか自己の意志で
脳細胞を活用していない。

ジョンは だからこそ 戦争や不寛容に喘ぐ世界でなく
愛と平和に満ちた世界が 実現可能なのは
我々が 怒りや憎しみという感情から解放され
想念ゲームを我々が本当に望む世界に意志的に夢中になることを
命がけで呼びかけ続けたのだと 私は思う。

『日月神示』がたえずくりかえす 人と神が融け合う
神人となるのが 神の道 神道である は
まさに 想念ゲームの正しい そして厳粛な道筋を
御魂磨きを最優先させているのだと思う。
なぜなら 私利私欲だけに 我々人類の持つ本来のSPECを
遣い放題にしたら どうなるか お分かりでしょう?

同党一栄ではなく、 
滅私奉公 上意下達 を『日月神示』の神様は忌むのである。
我を出すなと厳しく戒めつつ
我欲を浄化するのであって 我を殺してはならん とも。
滅私奉公上意下達なんざ 我善しの権化が美辞麗句で粉飾した
「組織の為に」という奴である。
そう TBSドラマ『小さな巨人』の決まり文句で
この国は『組織の為己を殺して』という教条主義によって
国家機能が動脈硬化しているのだという指摘に
まさに集約されてしまう。
にしても『小さな巨人』は 顔芝居が歌舞伎だし
まぁ話が 勧善懲悪物だから
それはよしとして 香川照之さん脳の血管キレないかぁ 
と心配だった。
結末も 釈然とはしないが めでたしめでたし。

そして初回とラスト三回だけ観た『リバース』は
原作にないラストになっていたそうだが なるほど
あの原作者の書かれる作品に真面な感情教育は無いものね。
それでかぁ。。。ドラマは立派な感情教育を描いていた。
ついでに
『あなたのことはそれほど』は結局初回だけ観ただけで
ラストもネットでネタバレを観ただけだが
成程ね。最後の最後に冬彦モノから大逆転したってわけか。
流石 ドラマのTBS!ですなぁ。火曜10時のTBSドラマは
スタッフ陣が ちょっと群を抜いている。
日本の民放局で唯一オープンセットも組めるスタジオ
持っているのは TBSだけだものね。
そして日本に現存する映画会社を含めても・・・。

逸脱したように テレビドラマのことをザッと書いてみましたが
つまり 人々は 想念ゲームをもう少し正しく
そして 我善しに傾きすぎないように気を付けながら愉しむために
映画やテレビドラマが そして自前の想像力を鍛えるには
小説で自分の脳内にイメージを育む訓練をすることが
どれほど 大切な時代になっているかということに
この拙い文章は結論付けられるのでございます。

私は ゲーム会社が バックミンスター・フラー博士が
主導した 【ワールドゲーム】をネット上で設営しないものかと
思うのであります。とても知能を遣うし知性も必要だ。
更に 我慢というか 自制を促すというか。
冷静な知性をワクワクしながら鍛える
それこそ Mind Games をするために
我々は生まれて来たのだという事を実感できるようになるために。

まがたま の き なり [雑感]

日本文芸社から出版されている
文庫本版『日月神示~一 二 三(ひふみ)』は
大変便利である。が しかし 校訂者の奥山斎氏は
『﹅』を 『・』で表記されている。
しかし 『﹅』 は 勾玉。 ・ では意味が変わる。
出雲の神様だから。
出雲とえいば 勾玉ですから 私は 違うと思う。
岡本天明さんは 自働筆記であるから
彼がヴィジョンを霊眼以て あの日月神示の文字群を観て
書きうつしているわけではない。
腕が神によって動き書いているのである。
天明さんが遺した生原稿?で ・ に見えるのは
余りに凄いスピードで勝手に手が動くから
きちんと筆の入りぬきができないことがあるからでしょう。

ヴィジョンで神は伝えない。
ダニエル書とか 曖昧だし偽書だし。

岡本天明さんは あの神かかりとなる前に
太マニ研究をされていたので あの古代文字まじりの
筆記者として選ばれたのだ と私は思う。
ちなみに 
 アタクシは マニ教の方が前世ですが
 シュタイナーによるマニ教ってのが トホホ 善悪共に抱き参らせる方々なのだそうで。
 腸内細菌ってのは絶対悪玉菌を死滅させない。なぜなら消化の後に必要な
 排泄のための腐敗化をある程度させなければならないから。
 人間の体が 排泄しないでもよいほどに消化吸収器官が進化すれば 又 別になるでしょう。
 ともかく その腸内細菌から学ぶことを如何に人間社会に応用するかです。
 
 悪共に抱き参らせるとは 悪の為す理路とエネルギーを善に置き換える哲学や
 感情論を確立していくことかもしれない。
 しかし日月神示では そんな学や智ではならぬ
 と 再三注意が明示されている。
 だからといって寛容だけで 済むのかしら?
 勾玉のキ とは 喜び歓喜だと暗示され続けるが 
 一挙に平面的に理路しても
 なかなか 道筋とはならない。想念の立体化が必要になる。 
 こうなると SPECHolderじゃないと無理じゃん。と投げ出したくなる。

 昭和27年の4月11日の秋の巻冒頭に
これから30年で建て替え立て直し成ると宣言されていた。
しかしその10年後の某日 「他に型をだしておいた」
と天明さんに 日月の神は言葉で知らされた。
そしてその翌年 岡本天明さんは お亡くなりになる。

昭和57年 建て替え立て直しは あったのだろうか?
カネで治めてカネで潰す バブルとその崩壊はあったが
人々は 改心などしなかった。その再来を 3.11の後
又我々は 体験しているが ・・・ 泥海しかないのかね?
未だに人々は 古事記や日本書紀を神道の基だと思っている。
この誤解すら 綺麗に解明されていないのに
改心は 遅れるばかりだろう。

 日本会議なる者達の国家神道復興など
岩閉めの最たるものだと 彼らは露ほどに知らないのだから おぞましい。
王政復古の輩が 神社内に神仏習合で存在していた
仏像を撤去しただけなら まぁ 日月神示の神様の岩戸閉 仏魔云々に
従がっているようにも見えるが 撤去した後の破壊行為は
仏祀れ キリスト祀れ マホメット祀れ と宣言する日月神示の神様にすれば
やはり 愚行であり 魔物憑きの行動でしかない。
更に 彼らは たとえば 荒川区に 熊野前という街があるが
そこは 幕末まで 熊野神社が存在して 栄えた街だった。
しかし維新後 王政復古の魔物憑きどもが 徹底的破壊している。
タリバンと同じ精神構造と指摘されても致し方ない。
岡山のサムハラ神社も その憂き目にあっている。
大阪 立売堀のサムハラ神社は 岡山のサムハラ神社の縁者が
後年 こっそり建立されて 今や凄い人気だ。

つまり王政復古だの国家神道だのの輩が 神道を語るのは
騙りだということである。 遂に 今の総理大臣は 今上陛下に
神主さんをおやりになってくださっていれば充分 みたいな
ことをぬけぬけと 言いだしている始末。そう耳打ちしたのが
上智大の渡部昇一だったそうだが なんでドイツカトリックの
回し者が 日本会議だかの 首謀格であるのに
伊勢白山道あたりの人々は 批難せず 支持するのか 
私には 謎だ。

荒川区の熊野神社は 勿論 素戔嗚尊様を祀られていた神社であり
今 皇居となっている 旧・江戸城内にあった
同じく 素戔嗚尊様をお祀りする熊野神社も 
王政復古魔物憑きどもによって 放り出され
旧幕府徳川家によって南青山に移されて 現在に至っている。
南青山の熊野神社から歩いて10分の千駄ヶ谷駅近くに
富士塚が未だ残っているのでも有名な鳩の森八幡神社がある。
岡本天明さんが 仮宮司を務めていたお社だ。
日月神示の中で富士に祀れという時 しばしば この富士塚を
型を出す為に遣われていたのでは?と 
私は 思うのだが 定かではない。
門前仲町の富岡八幡にある富士塚跡に上ったことは
子供の頃近隣に住んでいたので何度かあるが
鳩の森八幡の 富士塚は溶岩石で盛り上げられていて
気を付けないと滑落するので ハイヒールなどで 上がらないこと!

その頂上には 奥山 という小さな宮が 未だ在る。
奥山斎というペンネームの由来であることは確かだ。

昨日 
そういえば 元旦以来 麻賀多神社様と天之日津久神社様に
伺っていないなぁと 思いつくまま 
私の今住む場所から 電車に乗れば一直線で
公津の杜駅まで行けるけれどなぁ~ 
驚く事に 気が付くと 昼頃 着いた。
駅前のヨーカ堂の地下のフードコートでインドカレー屋の野菜カレーを
ライスで頂戴したのは 戒律の無い宗教だと仰せだが
四足喰うのは共食いぞ!と 日月神示で何度も繰り返されるからね。
しもうた サグチキン(ほうれん草カレーとチキン)を見落としていた。

 公津の杜駅から 麻賀多神社まで 片道徒歩45分である。
但し 国道464号線は 大型トラックビュンビュン
途中 歩行帯が極端に狭いところがあるし
信号が少ないので 普通の乗用車も 制限速度オーバー。
バスは通勤時間帯しかない。タクシーで1270円。
但しそれは駅前から乗っての御代。参拝中待ってもらっても
携帯電話でタクシー会社に電話して迎車しても
往復3000円オーバーしてしまう。
兎に角 国道464号線沿いなので 宗悟堂あたりで道が交差する以外
ほぼ 間違えようの無い道のりである。歩くにしろ自動車で行くにしろ。

歩こう歩こう 歩くの大好き♪ と トトロの歌を歌って歩くが
途中何度も 「コノバカヤロー」と叫ぶ。猛スピードだす
大莫迦千葉ナンバー乗用車が 多い。高速道路と間違えている!
案外 砂利トラックの運転手の方が 節度がある。
そして 辿り着いて 驚いた。
麻賀多神社様は 建て替え中でした。
未だ基礎工事の基礎。 工事関係者以外 参拝者は
私だけ。 こうなりゃ ひふみも声出して唱えられるし
天津日継之皇命様 てんし様弥栄益しませ だって唱えられた。
そして 頭上では 良い声で鶯が ホーホケキョ を繰り返す。
天上に引き上げられるような錯覚をするほど ホーホケキョが
大きく木霊する。汗がスーッとひくほど心地よかった。
往路では その鳴声にすら気づかなかったが
復路では その美声が木霊する 林道に近い国道を
愉しんで歩けたのは ありがたかった。
しかも 夕方 我が家近くの坂の上からは
冠雪を溶かせて 夏のいでたちした 大きなる富士山が
でっけーかな 絶景かな 富士は晴れたり 日本晴れ
と 見栄をきりたくなるほど お見事なり♪


やすらぐことなどないじゃないか [映画 ]

えぇ テレ朝の『やすらぎの郷』のことです。
八千草薫さんが 凄いッたらありゃあしない!
浅丘さんも加賀さんも ねぇ~ なのだった。
石坂浩二主演というのは 最高の強味だわ このドラマ
しかも未だ一か月だってのに ドラマが次から次へと
巡る巡る季節の中で の方が主題歌としてよかったかもしれないと
思う事すらある。中島みゆきさんも北海道だけど松山千春さんは
もっと富良野に近いとこの人だし  
ねぇ~。

この企画を蹴ったという噂がある凋落傾向の
お台場のテレビ局さんは もう どうしょうもない。

 テレ朝は『女囚セブン』という深夜ドラマもやっている。
演出は私の嫌いな『SPEC』の監督のエピゴーネンが
やっているから TBSの『小さな巨人』の演出陣よりも
ランクが低い。包みのくだらない異化作用なんざ邪魔だ。
『女囚セブン』は剛力彩愛さんが芸者で
高島政伸演じる悪い代議士の社会的な悪行を暴こうとした
親友の芸妓殺害の濡れ衣で・・・ってその京都の置屋の
女将を演じるのが 女囚さそり で活躍した
梶芽衣子さんなわけで。それが面白い。シナリオ単純。
剛力さんが白塗りで芸妓として和服で踊る姿を観ると
ボタニティーアート(植物や虫を写真のように描くこと)出身なのに
喜多川歌麿は なぜ こんな風に女性を描いたのかしらという疑問が
いきなり溶解するのである。 そうか 江戸時代の美人って
彼女みたいな顔だったのだね。なるへそ。
ところで
歌麿や山東京伝を弾圧した 松平定信って人は
ボタニティアートの絵師を家臣にしていた。
星野文良である。その作品と落款は残っている。
この人が 後に 歌麿になるという小説を
まぁ 読みたい人は そんなにいないかな。
じゃあ 書くの止めよう。ちなみに 写楽は
なんのことはない 山東京伝のことですから。
法政大学の総長 田中優子先生の説、
一発御名答なのですが まぁ長くなるのでやめましょう。

 糸井さんの『ほぼ日』には あの『JIN』や『私を離さないで』の
シナリオを書いた森下佳子さんが ドラマ大好きコンテンツ
掲載してるのであります。 対談で。
私のブログのような否定 腹黒 批判 無し
まるで 淀川長治や山田宏一が映画に対して向けた
絶対的な愛情を 彼ら『ほぼ日』のドラマチェック班は
致すのである。 火10の『カルテット』後のドラマは
原作の漫画家さん自体が 
「登場人物に一切感情移入せずに描いている」
のだそうだ。 森下さんは それを 実験的と評価し
ドラマも それに即してちゃんと創られている・・・のだそうだ。
私なんぞは 頭が固いから 
作者が感情移入しねーんじゃ 
感情教育の役目を果たさないじゃないか!と怒髪天を突く。
ところが そんな 否定を東大で蓮實ゼミを受講していたはずの
森下さんですら 口にされない。 
これは立派な事ですよ。テレビドラマを徹底的に愛すことの方が
表層批評をするよりも『ほぼ日』においては 優先するのです。
といって表層批評を提言された蓮實重彦先生は ヨドチョウさんぐらい
映画を徹底的に愛し 観まくり男くんですから 誤解のないように。

 TBSの『小さな巨人』は オロナミンCの開発秘話ドラマ・・・
ではありませんでした。 
『MOZU』で 異常な芝居をしてみせた
長谷川初巳さんが 岡田将生さんと 口を歪めあって
精神的ホモ刑事世界を 生真面目にドラマにしている。
これは 意外に面白い。日曜劇場は 勧善懲悪に固定した
TBSの勝利ですよ。 筋はどうってことないけど。
キムタク医者ドラマのチームよりこの演出チームの方が
『逃げ恥』『カルテット』チームに近い。
『半沢直樹』で鍛えられたチームらしいが 顔のアップは
あと 15パーセント サイズ引いた方がいいと思う。
半沢より 真正面にしないのは 頭がいい。
真正面ショットなんて ほぼ在り得ない。
NHKの故・バカベンしかやらないの あーゆーことは。
おぉぉ オイラのドラマ評は 悪意に満ちているなぁ
これを読んで気分が悪くなった方は 『ほぼ日』に
飛んで ドラマをヨドチョウさんのように愛してやまない
人々の 好意に満ちた 世界で毒消しなさいませ。

※ でも 観てないのでなんなのだが
  森下佳子さん NHKの大河で
なんで 井伊直虎なんぞ引き受けちゃったかねぇ・・・
あのね 上杉謙信が女だったといのは かなり可能性高い。
そっちを やるべきですよ。井伊直虎が 武田の赤揃えを
別段継いだわけでもない リリーフ的登場で 謙信が
女性だったから まぁ 許された処置だったわけですから。
八千草薫さんの『ねぇ~』で この文章を締めます。
ねぇ~
★ 上記 俳優さんの名前表記に過ちが在ると思いますが
   訂正しておりません。 ごめんねジローです。
前の10件 | -