So-net無料ブログ作成
検索選択

千両役者 イチローと内川 [雑感]

今日は WBCを家で仕事をしながら観戦することができなかった。
春彼岸が明けた3月24日に曽祖父の命日で
今年はボクが墓参することになった。
今年は眼科医を変えたミスで花粉症が重篤すぎて
お彼岸中は 殆ど家の中で仕事し、メールで送ってカンベンして貰っていた。
今日は折りよく 気温が下がって嬉しかった(花粉症が軽くなる!)が
WBCの・・・・結果を観てからじゃ墓参にならんし浅草の観音様にも
写経を納めないと・・・
ハッキリいって昨日のアメリカ戦で 「本当に強くなった」と感じていたから
今日韓国に負けるわけがないと 高を括ってもいた。
キューバとアメリカを完全に捻じ伏せたチームが
マウンドに自国の小旗を立てる子供じみた真似をする選手と
そんな真似を制する事もできない愚かな監督コーチが率いるチームに
勝利の女神や野球の神々が勝利の栄冠を与えるわけが無いので
負けるわけがない・・・と。
浅草の観音様に着くと 人ごみの参道で一斉に雄叫び嬌声が興った。
ワンセグで観戦していた若者たちが感極まっていた。
「延長10回 イチローが決勝打ぁ!ダルが抑えました」
ありがたいことに 聞きもしないのに 教えてくれた。

イチローが一人苦悶しているのは 分かっていた。
なにしろバットの出方がバラバラで素人目にも「ゼッ不調」というか
内心 ベンチに引き返したいぐらい あの男がぐらついているのが
テレビ画面から伝わってくる。それでもアメリカ戦のダメ押し点を
奪う最終打席で ワンバウンドしそうな球をバッサリ刀で斬るごとく
バットを振り落とし球をバットの芯に一瞬くっつけて二枚腰で弾き返した。
白球は彼の思うライト方面に向けて「飛んでゆけ」と命じられたように
白い龍となって翔ぶ。アメリカのライトを守る選手が見失ったのは
もはやそれが野球のボール以外の何かにメタモルフォーゼしていたからだ。
そして今日も あの10回表の2アウト2塁3塁 韓国はなぜかイチローと
勝負し、1塁に四球で歩かせなかった。
勝利の女神に見放された者は 己を見失う・・・。
そしてイチローは全く「余計なことばかり考えていた。ここで打ったら
オレって凄いぞぉもてるゾォ」 ご本人もどうせ歩かせると
余計なことばかり妄想する余裕があったのだ。
ただ 自分がもっともかっこよく振りぬく昨日の最終打席だけを
イメージしながらろくに投じられた球なんぞ見もしないで
オレがバットを振り下ろすところへ球が来る!
そんな思い切りがなくて あんな場面であんな打球なんか
ありえない。
千両役者と呼ばれるべき存在がいるものだ。
それは日日の努力と彼独自の努力の仕方の賜物だろうが
やはり 重ね重ねの前世の努力が今生の天性として結実した証といったほうがよい。
つまり 今生がたとえ思い通りにならなくとも 
来世での結実の為に 死ぬまで人は今生魂が為すべしとする何事かに
努力をしなければならない。
生まれつきの才能は 前世の賜物なのだから・・・。
そして今生においてどんな苦境にあっても 
己の才能を信じて信じきって努力しなければ
勿体無いのだ。
そして 内川という選手は 顔がまるで 江戸時代の役者絵から
抜け出てきたようだ。いつも 歌舞伎役者が見栄を切るようだ。
今日のレフトで見せた 痛烈なスタンディング二塁打をレフト前凡打に
してしまった超ファインプレイなど歌舞伎を見物しているような所作だった。
こないだの大リーガーだって滅多に打ち込めない同点本塁打にしろ
まさしく千両役者だ。彼は前世で役者だったのかもしれない(笑)
★前世においてイチローがプロ野球の選手を目指してなどいなかっただろう。
ただ彼は 衆生を救いたい 衆生を勇気づけられるような何者かになりたい。
そのために一生一生を精一杯その今生において何事かに努力し尽くした。
そんな寓話をボクは 信じたいと思います。

さぁ 元気を出せば なんでもできる!高橋是清さんの口癖です。
よくわかんないけど ともかく 何事かに努力するしかあるまいよ。
オリジナルな努力の仕方 それを信じて あーでもないこーでもない
あがいて あがいて あきらめない。あきらめなければ いつか
なんとかなる。あきらめない秘訣は あせらないことだよと
古人のおしえるところ。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

エイト

花粉症にグァバ茶は効きませんでしたか?ちょっと忙しいので書き込めなくなると思いますがお達者で~!
by エイト (2009-03-26 21:54) 

エイシュン

エイトさま
これから試してみます。
私も今日は 大阪日帰りでした。
エイトさんも どうか お体をお大事に
お仕事頑張ってくださいませ!
では また。
ありがとうございました。
by エイシュン (2009-03-26 23:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。