So-net無料ブログ作成
検索選択

ウッチャリ田野倉総理と野田総理は別人です [雑感]

野田総理がアンターラス=大和国の総理大臣・田野倉とは
別人であることは元より承知致しておりますし
灰色の肌を持つ異星人が 宇宙のフリーエネルギー装置を
パラレルワールドの地球には持ち込んでありましょうけれど
我々の地球には未だそんな法華経的物質化現象もありますまい。

とはいえ。

IMFに巨額の資金供出をした直後に
米国の国債格付け会社が 日本国債のランクを下げましたが
それが「どういう信号かを」野田総理が官僚頼みに
解析されているのか 危惧、いや 杞憂しています。

米国の発する信号を読み違えるのが 日本の習性ですから。
ハルレポートを読み違えたのも 当時有能とされていた
軍令部という国家よりも軍令部という組織至上主義に
陥った、現在の財務官僚方々とよく似た人々によって
読み違えをした事がございますゆえに。

財政赤字に対する危惧から国債格付けは低下します。
概ねデフォルトへの赤信号は
肥大しすぎた大きな政府への嫌悪ですので
本来は 緊縮財政処置に良好に反応します。
日本の財政赤字は 年金制度がその根本だから
年金をカットすれば 格付けは上がりはしないでしょうが
下がりはしないでしょう。でも年金をカットできないので
消費税率を上げましょう。という緊縮政策しかないかは 
やはり別の論議になるのが
日本の特異体質であることを 米国政府よりも
寧ろ 格付け会社の方がご存知かもしれないということを
上記の信号から読み取る方がが 賢明かもしれません。

一方で TPPに日本を参加させたい米国商務省系の
視点からすると
復興ままならぬ経済状態の日本が消費税率をアップすれば
米国の農産物畜産物等が 日本市場を獲得できるかどうかに
危惧を抱いている という思惑も見落とせないのでは
ないでしょうか?
その上に財政赤字を抱え緊縮財政策によって公共投資を抑制し
日本の内需は冷え込み・・その上に消費税率が
生鮮食品を含めて4年後に2倍になって
果たしてその日本の内需状態において米国の輸出が増大するか
その懸念を抱く思惑も 留意しておかないと 
信号をますます読み違えるリスクは高まるでしょう。

米国が欧州危機を歓迎しているでしょうか?
第1次大戦後の漁夫の利を夢見てはいますまい。
寧ろ欧州における金融危機は米国の世界金融市場を危うくします。
その上 米国に対立こそすれ従順でない中国の優位を
引き起こす可能性として 日本のデフォルト危機は大いなる懸念です。
米国財務省は我が国の財務官僚へ脅しをかけていますが
それは 「財政健全化策を明確にせよ!」であって
震災復興中にあっても消費税率をアップせよ!という主旨は
含まれていないと受け取るべきではないでしょうか?
寧ろ 緊縮政策としての『公務員制度改革』を求めていると
私は思います。
米国財務官僚の目には
日本の国家公務員のアマクダリと税金から支払われる事が
決して変わらない公務員共済年金の在り様が
まさにギリシャ的であると 映っているのではないでしょうか?
日本の財務官僚もそんなことは知っているけれど、知らないそぶりで
全て消費税率をアップで円く治まると 
野田総理をミスリードしていないだろうか・・・心配だ。

今会期中に消費税増税案を成立させるにせよ
時限軸だけは 経済成長と震災復興が明確になった後 と変え
寧ろ公務員制度改革を年金と税の一体化で見直すと明言した方が
上記の信号への正しい反応なのかもしれないと
私は思う。
「現在できる ギリシャ的な危険性を排除する」と
付け加えるのはやりすぎだとは思うけれど。

さらに震災復興に向けての時限立法による経済成長政策を
明確にした上での消費税率をアップ案の方が 
米国の格付け会社も
評価を変える可能性は高いかもしれません。

話が 過去に飛躍しますが
日露戦争直前、我が国の戦時国債に対して
当てにしていた英国のロスチャイルドの反応は鈍く
予想外に 米国のジェイコブ・シフ氏が
巨額の我が国の戦時国債引き受けをした。
高橋是清の信号の発し方が 正しかったというよりも
ロシア出身のシフ氏の個人的な思いが奇蹟のように
存在したと描写すべきらしい。
しかし 同じユダヤ系米国人でもソビエトに投資し
ハイリターンを獲得した米国金融機関も存在していた。
シフ氏のように圧倒的に軍事力において不利であった日本に 
幾らロシアの反ユダヤ主義に対する私怨がその投資の理由の表向き
とはいえ個人であれだけのハイリスクに賭けた理由は
それだけではなかったと私は思う。
つまり 日ユ同祖論は機能している。私は そう思う。
その視座から上記の信号を解析する官僚又は 政治家が存在してほしい。

我が国の財務省が顔色を覗う米国の勢力だけが
米国の思惑の全てではないという事を きちんと認識せずに
偏った政策に猪突猛進すれば 寧ろ 日米開戦に至った時のような
思惑違いが 大悲劇を招く可能性があるということです。

さて。
国債ジャブジャブ体質を容認し続けた自民党が
全ての過失を間抜けな民主党に押し付けて政権交代すれば 
日本の国債格付けは もっと評価が下がるでしょう。
現内閣を早く解散総選挙に追い込み政権奪取などという時代錯誤を
唱える自民党議員ほど愛国心の無い愚か者もいない。
国家や国民の為…など露ほどに考えずに口先だけの選挙屋ですな。
国民もきちんと観ていることを忘れてはいけません。愚民扱いも程があります。
国会審議中継で元気溌剌熱弁を奮う自民党議員のなんと
3年前の民主党議員に酷似しているか 国民は冷めた目で見ています。
それは 米国の格付け会社も同様でしょうね。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

noga

我が民族の長所については多くの識者がすでに語っている。
だから、私は自己慶賀はやらないことにする。

日本人の短所
意思がなくて恣意 (私意・我儘・身勝手 )がある。
個人主義がなく、意思決定に難渋して、未解決の問題が山積している。

成案がなくて腹案がある。
「お前らに、俺の腹の底が読めてたまるか」といったところか。

これらは、‘‘教育の問題’ と済ましていられない。
この問題を克服すれば、我々日本人は、さらに世界中から尊敬を集めることになる。

日本民族の資質:下働きとしては優秀、政治指導者としては愚鈍

下の者は、現世に埋没している。「世の中は、、、、」の発想法に甘んじている。
忍耐と努力が必要である。不自由を常と思えば不足なしか。各国から賞賛されている。

上の者には、哲学がない。あるべき姿の内容を脳裏に蓄えることができないでいる。
我々の遠い未来に行き着く場所を示していない。だから、非現実の世界を基準にたてて現実を批判することは難しい。
「そんなこと言っても駄目だぞ。現実はそうなってはいない」と言い返されて終わりになる。やはり、現世埋没型である。
現在構文ばかりの言語で、非現実を語れば、それはこの世のウソとなる。
「現実を無視してはいけない」「現実を否定することはできない」などという精神的な圧迫がかかっている。

上の者には、自己の現実対応策 (成案) に説得力を持たせる意思が必要である。
自己の意思を示せば当事者になる。示さなければ傍観者にとどまる。
だが、意思は未来時制の内容であり、日本語には時制はない。
我が国は、世界にあって世界に属さず。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/



by noga (2012-06-08 02:21) 

エイシュン

noga様

コメントとリンク先を貼って戴き ありがとうございました。
リンク先の「日本人のこと」 大変 面白い・・・というのは失礼ですが
示唆に富んでいて 興奮しました。
angoさん・・・Jean Angoだと 恐怖の大王と読み違えられた
大航海時代の有名な船長さんですね。 安吾さんじゃないですよね?
スイマセン。

10代の時にフランス語を習得しておくべきだったと 後悔しきりです。
法華経にも仏語実不虚と書いてありましたのに。今生の大失策その1だと痛感しております。
by エイシュン (2012-06-08 18:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。