So-net無料ブログ作成

Qudokartet クドカンルテット? [映画 ]

宮藤官九郎さんは やっぱり 無双だ。
好い役者だなぁ 先代の勘九郎さんよか
或る意味 巧いぐらいだ。
風貌が 得している。平熱37度2分らしい体つき。
あぁぁ この役者さんで
映画撮りてぇぇぇえ と 最早 見果ての夢を
観ながら 叫んじゃった。
サイコパス娘役の女優さんも 凄いけどね。
前回と今回担当の坪井ディレクターさんも
いいっすね。上手だ。立派だ。いいなぁ。 
『逃げ恥』のガッキーの電車の中での涙
交わらない視線の素晴らしさ と
別の 交わらない視線による
今度は 悲劇の方 残酷な方をおやりで。
なるほど 火曜の夜はTBSってか。
次のドラマ 大変ですね。2作連続で高水準ですぞ。
2クールに 薄めるわけにいかんしね。
でも そりはそりで やりようあるけど
まぁ オイラ 東京放送の社員じゃないから
んなことで 頭遣うのは よそう。

バスオールで 変質者ごっこね
みんな やるんだな。 オイラだけじゃねーんだ。
と 安心したが 私の恋人は
あそこまで 喜ばなかったぞなもし。
そのシーンでの クドカンの照れ具合が
もしかして これは アドリブか?
と 思わせるほど 自然な演技でしたな。
松たか子さんも この受け方は 地か?
という感じで 失踪して窃盗犯になりさがった夫に
未だ 恋している ミステリアスな女性を軽やかに
演じられて よかった。 代表作は こっちになるね。
湊なんとかいう人の小説の映画化したのじゃない。
賞は獲ったけど 後味最悪だったもんね。
そんな作品に賞をやる審査員ってのは何者なんだろうか?
まぁ どうでもいいけれど。
どうでもいいけれど ノリで 以下 書きます。

 アリにもなれないキリギリスだけど
もう少し キリギリスでいよう
というわけで 一度 早乙女真紀に戻ったとしても
巻幹生は コンビニ強盗だが 自首し 初犯だ。
賠償金だけで収監すらされないで
「もう一度 やり直そう 真紀ちゃん」
という展開だってありうる。
私は どちらかというとそういうスジにしてしまう方だ。
流石に 幹生が 元の広告代理店に戻るのは
無理だが まぁ 猫をいたずらがきであれぐらい
描けるのだから フリーランスのプランナーぐらい
やっていけないこともなかろう。まだ40代なら。
但し 真紀も 演奏家として稼ぐ覚悟をしないとね。
本郷に棲むのも 暫し諦めれば 
この二人なら やっていけるだろう。
なぜなら
「あの人が一番好きな映画も この詩も 私はちっとも
面白くなかったし 判らなかったの。
でもね そこが とても愉しかった! 」
価値観の違いを愉しめる器は 妻が持っていてもいい。
いや寧ろ それぐらいありがたいことはない。

とはいえ そう言って鍋敷きにした詩集を
あの猫のいたずらがきと
共に暖炉の火にくべてしまったけれど
詩集なんざ又買えばいい。猫の絵など描き直せばいい。
それよりも大切なのは 
其処まで お互いに ベクトルは方向違いだが
愛している 誰よりも愛おしいのベクトルのエナジーは
同じなのだもの
から揚げにレモンじゃなくて 醤油かマヨネーズで
細かいところは 折り合いつけるのも愉しかろうから
よりを戻せば いいじゃないか。
ベクトルのエナジーの方が 方向よりも 大切だ。
愛とは エナジーなのであって 方向など
ビッグバーンが 一方向に向かっていないのだ
一致するわけがないじゃないか 
この三次元の宇宙において!

ひとりよりふたり というのは こういうことかと
妙に 昔むかしの丸井のどうでもいいコピーを
思い出していた。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0