So-net無料ブログ作成
検索選択

金曜放送分も土曜には動画アップしてね テレ朝さん [小説と映画]

いえなに 『やすらぎの郷』のことであります。
tVerへの動画アップが金曜日放映分が 月曜になるので。
実に 遮断感が半端無いので トホホホ。
こんなとこで注文つけても 意味無いのは承知なのですが。

 しかし
八千草薫さんの おでこ って 国宝クラスですね。
倉本聡さんは 彼女の「ねぇ~」の凄さを熱弁されていましたが
その八千草さんの「ねぇ~」炸裂の 素敵な喜劇が繰り広げられています。
加賀さんや浅丘さんが絡んでの 誰一人悪人と悪意の無い
寧ろ善意が空回りし 捩じれることによって引き起こされる
喜劇ってのは 観ていて やはり 気持ちいいですしね。
復讐劇のシンドイドラマは 若気の至りの世代向けなので
観ないことにしています。どうせ暇潰しなのだから
『やすらぎの郷』で ホッコリした方が いいですものね。
復讐劇のドラマってのは『リバース』ってやつです。
私が観ない方がいい映画と嘗てこのブログで書いた映画の
原作者の小説が原作です。半分観て 消しました。
ついでに 申し上げれば 火曜日夜10時のTBSドラマも
私なぞはターゲット外だと思いますので おそらく 観続けることは
無いと思います。監督が金子さんだってので初回は拝見しましたが
いやぁ 仕方ないっすよね。こんな話だし こんなもんでしかない。
冬彦さんになる東出青年の運命やいかに・・・って興味ないし。

ということで 『やすらぎの郷』が 妙にテレビに貢献したというより
日本映画史に関わる噂のようなことが 更に倉本さんの
想像力によってとんでもない噺へと変容する様は
決して 悪くない。 いや不遜な言い方ですな。
素晴らしいと 申し上げましょう。
テレビドラマ創世記?における小津安二郎と
マキノ雅弘に関する 伝説なんてのも 倉本先生が
書いてくださると もっと 痛快なんですけどね。

しかし 『リヴァース・ショット』という小説を書いた者として
復讐劇に『リバース』という題名が付けれらていると知ると
ちょっとむかつきます。 どうでもいいことですけれど。
ちなみに 私の『リヴァース・ショット』は 
復讐じゃございやせん。小津の切り返しショットのことです。

だいたい赤穂浪士だって討ち入り場面なんぞどうでもいい。
それよりも 内蔵助と内匠頭の葛藤を描いた小説を書きたいくらい。
内匠頭は吉良との付き合いは 二度目でした。
家督を継いだばかりのもっと若い時は 国家老の
大石頼母が江戸に出張って恙なく吉良の賄賂要求に従い
何も問題なかった。頼母の甥である内蔵助が あの節
どうして江戸に出張って滞りなく事に対処できなかったのか
面白いドラマはそっちにあると 私は思うのであります。
また 内匠頭が 江戸城中で刀を抜けばお家獲り潰しに
なることぐらい知らないわけもなく 幾らカッと来たからといって
脇差とはいえ刀の鞘をはらってしまったのだ。
武士(もののふ)の心得で
脇差なら喉か胸の急所を一気に刺すのが当然。
よりによって頭なんぞ狙うのは 龍馬を暗殺した
薩摩藩の示現流じゃなきゃやらないし それだって
飛びついて頭かちわる勢いの太刀筋じゃなきゃ致命傷にならない。

内匠頭は 武芸の鍛錬を嫌っていた。という事実もあるらしい。
内蔵助は それを危惧していた。武芸鍛錬によって上記
仕儀を上首尾にせよ というのではない。
武芸鍛錬によって 臍下丹田に力を込める訓練を日常に
積み重ねていないと いざという時に肚が座らない。
堪えるべき時に 心身喪失し 
キレたりしないために 藩主の義務として
内蔵助は 勧めていたはずなのだ。

 私が もう一つ 温めていた赤穂浪士物語は
四十七士が 切腹せず 一度 髪をおろし 得度出家し
全員 他藩に再就職を果たすというものである。
無論 そんな事実史実は無い。 しかし 其処から始まる
大石主税の別の名前の人生を書いてみたいと言う小説。
ある意味でのパラレルワールドを。
さてさて これも温めただけで終わるかな?
半島は爆発寸前だし 日本の火の御山様方々は
海の火の御山様まで 瞋恚を放出されるが如く。
さらに 共謀罪・・・治安維持法より性質が悪い。
これに徴兵制度と不敬罪が立法されると
あれよあれよと我が国は 戦前の世界に戻る。
今の内閣が それを目的にしているのは明らか。

しかし 今上陛下様は サッサと生前退位を御表明あそばした。
その御心を表明あそばした中に 何度も象徴天皇として
という言葉が繰り返され 
二度と現人神に祀り上げられてたまるか!
という大御心と私は お見受けする。

天皇家に見限られた とは 今の内閣は思いもよらないらしい。
その鈍感さだけで 図々しさだけで 国是を弄ぶ方々である。
石破さんとか 嘗ての自民党なら ちゃんと
バランスをとる為の存在として温存するのを
もののふの心得としていたけれど 今や冷遇する始末。

変人総理は 田中派を潰したが
結局 もっと性質の悪い宏池会派を産んだだけだった。
いや 昔の宏池会はもっと理知的だったはず。
日米開戦へと暴走させたニキサンスケの一人
あの 岸信介ですら・・・・。


Googleよ!もしかして ひょっとして  [雑感]

君が B・フラーの『クリティカル・パス』を継承しているのか?

私は 君が無料で提供している
【デジタルワークショップ】でバッジ収集をしているのだが
この 動画を観ながら クイズのような問題を解き
納得できなければ 動画に付録されている テキスト情報で
好きなだけ復習し 時に飛ばし 時に後戻りする
この 学習スタイルって バックミンスター・フラー博士が
『クリティカルパス』で書いていたことじゃないか?
更に 【働き方改革】なんて動画も 無料で提供しているね。
在宅ワークへの手順なんかを テキパキと。
まぁ テキストなんだから 納得するまで繰り返し見ればいいわけだし
書き出して 検討すればいいことだ。

生きていく上で最大の時間とenergyの無駄遣いは
【通勤・通学時間】であると フラーは明言している。
まぁ なんでも修行と思い込める変人以外
あのラッシュアワーに人生の意味など見出しはしない。
個人的な意味においても大いなるエネルギーのロスでしかない。
多くの不健康は健全にみえる勤勉さに拠るというアイロニー
では すまされないはずなのだ。
が しかし 社会的な意味合いにおいても 
電気やガソリンなど意味の無い あの無駄遣いを
我々は あたりまえのことだとか ともすれば
働く美徳のためだとか 自分勝手な且つ 人類勝手な理屈で 
検めようとしない というのは 大問題なのである。
化石燃料は 人類のために存在してなどいない!
人類の存在を継続させてくれている 地球と言う星の
自転や公転に必要なエンジンオイルのようなものなのだ。
しかも 人類の浅智恵では とても扱いかねる原子力は
人類自滅のための一本道でしかなかった。
それは どっかの国の発狂した独裁者家族にとっての命綱でしかない?

 原子力と化石燃料でおカネ儲けをした人々は 
自分たちだけが生き延びられるように 
懸命に火星行きを考え たえば第二次朝鮮戦争から
始る第三次世界大戦へ雪崩れこませ
戦争で混乱した隙に 地球上の黄金をたっぷり掠め獲って
それを手土産に 火星への出戻りを準備中だそうだ。
ちなみに
HGウェルズの『火星人襲来』という小説は
我々人類の中には 
火星で戦争ばかりしていた存在が
地球に逃げてきて今の世界を創造するのに参加したという事を
暗示しているらしい。
そういえば ギリシャ神話の神々は 
さもありなんという戦争好きがいるいる。
まさに マースは軍神=火星の名前だものね。

Googleよ 君は 火星人の遺伝子を受け継ぐ種族じゃあないよね?

日月神示には 繰り返し 【与える政治】こそが 
弥勒世に向かう人間たちに必要不可欠になると 在る。
現在の数の多数決の理屈で選んだ政治家たちの無駄の多い政治では
弥勒世に向かう生き残りの路つまりcriticalpathなどないのだ と。
フラーは 議会制民主主義はいずれ消滅すると書いていた。
世界政府なる存在は 少数の科学者と発明家のボランティアで成り立ち
殆どの事は コンピューター(今風に言い換えれば 人工知能)と
彼ら世界政府の人々が 対話し解決策を市民に明示するだろう。
実際的な問題は 二足歩行に拘らないロボットたちが 殆どやり遂げる。
だから市民は 考える葦でありさえすれば 生活上の保障は
碌でもない贅沢以外なら 誰にでも 与えられるべきなのだ。

※ 【与える政治】についてのexampleとしてこのブログでは
   【20××年の召集令状】で紹介しています※

そうか アメリカ合衆国で フラーのクリティカルパスは
死滅させられては いなかったのだ・・・。
日月神示には この神示(ふで)外国の人の方が
早くわかることあるぞ というのも散見しますからね。
ハッキリ申し上げて 私は フラー博士に出会ってなかったら
日月神示を読んでも 理解できなかったかもしれない。
深く読もうなどと思い立ちもしなかっただろう。

オマケ 
4月12日のやすらぎの郷感想

『二丁目三番地』『三丁目四番地』の頃の倉本世界に
なってきていますねぇ~ 倉本さんってやっぱり
本当は コメディタッチの方が 本領発揮なんじゃないかな?
正直申し上げて 私は 『北の国から』って退屈だったんだ。
純が東京に出る時に 五郎さんがトラックの運転手に
手渡した新券の五千円札に泥がついているのを
泣けるとか名シーンだとかいうのが ちっとも理解できないのだ。
間抜けな五郎さんでしかないじゃないか 
あの時の純の号泣ってのは あああ 親父はなんて
間抜けなんだという恥ずかしさからか・・・
と訝るほど だった。
実際 子供たちにとって五郎さんは
間抜けで自分勝手な選択をしてくれた父親だと 
あの物語は終始してしまっていた
・・・ような気がしてならないのは 私だけだろうか?

 今は亡き天才・つかこうへいさんが 
『熱海殺人事件』をひっさげて紀伊国屋ホールに進出した時
ロビーで倉本さんがジーンズ柄のぽっくりさんのような
サンダル履いて煙草を喫っているのに出くわした。
一緒にいた 浅田君と 「ゲッ!北島三郎じゃん!」と
二人同時に声を上げた。
倉本さんは話していらした方に
そのサンダルを寺山修司さんに薦められたと説明していた。
過日 下北沢でスーツ姿の寺山さんと出くわした時
浅田君と私は 彼の足元を見た。そして叫んだ
「倉本聡と同じサンダルじゃん!」しかもスーツだったから
更にショックは大きかったのを 思い出す
「普段より高い目線で街を歩くと 発見があるんだ」
ばーい テラヤマシュウジ! 

暫くは やすらぎの郷ウォッチングでしょうね [映画 ]


『逃げ恥』『カルテット』と半年間 TBSのテレビドラマが映画に越境する
その有り様を 堪能させて頂いて それぞれのロスに見舞われるかと
思っていたら 予想外のところから 奇妙な 古い 懐かしい
日向臭い 『やすらぎの郷』という 飽く迄テレビドラマの枠に
しがみ付く世界に 不意打ちを喰らうのであります。
もう この世界には 戻れない。 だが 懐かしいことは
味わいが 在る。 だけど このドラマが映画へと越境する事は無く
古い映画の名残だけが 残滓として目撃されるだけだ。
ボギーことハンフリー・ボガードの愛したカクテルを
カサブランカという名の ちと気恥ずかしい名前のバーで飲むとか
化け猫女優は 入江たか子さんのことだろうけれど
彼女は晩年に化け猫を演じたのでなく 
嘗て華族出身の御姫様だった人が 追い詰められて
仕方なく 化け猫映画で 商売に徹しただけのことは事実。
しかも 名匠溝口健二監督と 傑作『滝の白糸』以来の
仕事で ついつい東京下町育ちの監督らしく
怒りにまかせて発した「なんですか その芝居は 化け猫じゃないか」
というキツイ罵声が 飛び 入江さんがショックで降りる降りないの
事態になって 大騒ぎなんてことを このドラマを観て
思い出すアタクシみたいなのは この世にもうそうはいない。
但し 入江たか子さんが 黒澤明監督の『椿三十郎』で
とても優雅な そして機知に富み、且つ艶やかなお姿で
某藩の家老の奥方を演じているのも アタクシは思い起こすのである。

まぁ それはそれとして。

しかし 浅丘ルリ子さんが 石坂浩二さんの首っ玉に飛びつく姿を
ドラマの枠組みを飛び越して妙に グッと来た方々は多いだろう。
『二丁目三番地』という倉本作品でこの二人は本当に結婚しちゃったもんね。
♪過ぎた日の微笑をみんな君にあげる なんてドラマのテーマソングの
歌詞まで 石坂さんは書いてました。
アタクシタたちガキどもは ♪杉田玄白ごめんね 君に全部翻訳させといて
本を貸しただけの前野良沢 つう 歴史的にも不実な替え歌を
拵えていたものだった。
そして その横で 元恋人の加賀まり子さんが 複雑な笑顔を浮かべている・・・
反則技ですな。 スゲー反則技。いきなりドキュメンタリーだもんな。

 原節子さんを模したと思われる役柄で 八千草薫さんが美しく在られる。
ハッキリ言って 八千草さんがご出演してりゃあ アタクシなんざ
観るの。『小さなおかしの家』というTBSのドラマだって そうだった。
八千草さんがお目当てだった。そのドラマは意外な拾いモノでしたけどね。

この八千草薫さんのお若い時のスチールが映し出されると
この方は 未来からタイムスリップしてしまったのかしら? という
奇妙な感覚に 我々をそわそわさせられる。
時代を超越した美貌の持ち主であり続けている。
それでもって 声が 独特で 可愛い。いわゆる
そこいらにどこにでもある かわいい ではなく
可愛いのである。何処を捜しても早々見つからない可愛さである。

 遠藤周作さんが有牛麦子嬢なる女優に招かれ
「遠藤先生 アタクシ セックスピアーの何を演じたらよろいかしら?」
と訊ねられて 鼻の下を長くしている様子を
安岡章太郎さんと吉行淳之介さんが 其々面白おかしく書いてらした。
その有牛麦子嬢とは 有馬稲子さんですけどね
小津安二郎監督の『東京暮色』と『彼岸花』にご出演でしたが
とても セックスピアーなんぞと仰りそうな感じじゃあ無い。
だけど おそらく この二本の映画にご出演の頃に
遠藤周作さんや大江健三郎さんを 招いて ご相談されてたようですな。
その有馬さんも このドラマで相当何やら仕出かす気配でございます。

しかし倉本聡さんは 映画のシナリオ書くと駄目だったなぁ
どうしてもっとマキノ雅弘監督に食らいついて教えて貰わなかったなぁ
マキノ雅弘監督は 構成も台詞も シナリオライターと助監督を
宿屋に呼びつけ 三日三晩語りっぱなして 書き上げさせる
台詞の細かいとこは あんじょうよろしゆうたのんまっせ
とか何とか言って いざ 撮影現場になると
俳優女優とリハーサルしているうちにドンドン台詞を変える 
助監督は ハラハラする。監督にそれとなく
「つながりますか」と声をかける 「つながるようにしまっさぁ」
と言い放ち 本当にちゃんとつながって しかも
シナリオよりよくなって完成するのが 
マキノ雅弘式映画術。 ま こんな天才は 彼しかいませんが。
でも このマキノ雅弘式映画術の遺伝子は 今
もしかすると 土井・金子・坪井のTBSディレクターズトリオに受け継がれている
可能性があると 私は 睨んでいるのである。
そうだそうだ
「やすらぎの郷」の藤田明二監督も 勿論 ベテラン。
手堅いカット割り。観賞しやすい丁寧なトラベリングやティルトを
お遣いくださりお見事。素晴らしいッ!

 立木義浩センセーの加賀まり子さんの写真集ってのが 
撮る方も撮る方だし撮られる方も撮られる方ですよっ!というほど
素敵なのでありますが もう 国宝になってしまっているらしく
なかなかお目にかかれないのが 残念でございます。

※ なにやら ぐちゃぐちゃな文章を長々しく書いてしまいました
   すいません♪ 春だから 桜咲いているし 御赦しを。

やすらぎの郷 ~tVerでやっててよかったぁ [映画 ]

倉本聡さんの企画・脚本テレ朝昼帯ドラマ!
石坂浩二さん主演で これから 加賀まり子さんと
浅丘ルリ子さんとも共演されるし 
なんと言っても ほぼ日で なぜか糸井さんが日曜日に
ほぼ番宣をしてらしたので ほほほぉ と思った。

 いきなり 近藤正臣さんと小松政夫さんだもの
石坂さんは相変わらずいい声だし。
煙草喫うシーンだって いいもんですよ。
そして 小料理屋 侘助の二階が
御徒町のとんかつや
蓬莱屋に似ているのも 演出家からして ベテランだねぇ
蓬莱屋の二階ってのが 小津映画っぽくって大好きだった。
まぁ それはそれとして 
確かに このターゲットセグメントは 成功するでしょう。
オンエア時間帯も 良い。今時の若い衆に
この豪華キャスティングの有難味なんて
わからないだろうしね。猫に小判だし 勿体ない。
それでも 中には このドラマが描く 虚ろなる 自分たちも
いつか必ず迎える老境の行く末に対して 覗き見してしまう若い衆も
ドンドン増えてくるのじゃないかしら?
かなり お伽噺設定だから 想定外の視聴者層の広がりも
無きにしも非ず。 公共放送の若い衆おもねりの朝連ドラが
余りにもつまらなさすぎるらしいのだが だいたいテレビを視聴したがらない
層に向けて 今更の若手女優起用にだけ重きを置いて
『逃げ恥』『カルテット』ほどの仕掛け満載の知能指数の高さも無い。
誰がそんなもの観るかね?ターゲットの設定自体できねぇんだ
あの公共放送局のプロデューサーは。
このドラマは 公共放送の最大の脅威になるでしょうね。
倉本さん!してやったりですなぁ 
で 今はキャスティングされていないショーケンもバッチリ
登場させちゃったりして下さると 尚一層 我々昭和30年代世代まで
このドラマから目が離せなくなる。
たとえばですよ
『相棒』の右京さんっぽい気障な美術デザイナー役の水谷豊さんに 
オカマっぽいヘアー&スタイリスト役のショーケンが 
アニィキーぃぃと絡む・・・・・・
なんていう顛倒したシーンなど想像するだに 奮い立つ。

ちなみに 『逃げ恥』のDVDは発売記録を早々に樹立している。
ドラマと映画の垣根が無くなった瞬間である。
後は利益分配の法的整備だけだ。まぁ 米国の『X‐File』を
基準値にするだろうけどね。 つまり スポンサーは
広告媒体を買うだけでなく
売れるドラマの投資も兼ねるという事態も テレビ局は
ビジネス構築できるということでもある。 
人材を大切にすることだ。若いから人材だかどうだか
解らないし 米国でMBA取得しているったって ターゲット設定すら
誤るんじゃ なんだね その資格ってのは・・・。

 このドラマも ひょっとすると
そういうビジネスをすることになるかもしれない。
繰り返し観ることが愉しいような サムシングエロスいや
something elseをどうやって 仕込めるかでしょう。
新しい顧客の創造とは 若年層を狙うことじゃない ってことを
テレビ局は 心せねばならないマーケティング環境を自覚し
質の高め方によって新しい市場を創造する可能性があることに
目覚めるべきだと 私は 思うのであった。