So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

まがたま の き なり [雑感]

日本文芸社から出版されている
文庫本版『日月神示~一 二 三(ひふみ)』は
大変便利である。が しかし 校訂者の奥山斎氏は
『﹅』を 『・』で表記されている。
しかし 『﹅』 は 勾玉。 ・ では意味が変わる。
出雲の神様だから。
出雲とえいば 勾玉ですから 私は 違うと思う。
岡本天明さんは 自働筆記であるから
彼がヴィジョンを霊眼以て あの日月神示の文字群を観て
書きうつしているわけではない。
腕が神によって動き書いているのである。
天明さんが遺した生原稿?で ・ に見えるのは
余りに凄いスピードで勝手に手が動くから
きちんと筆の入りぬきができないことがあるからでしょう。

ヴィジョンで神は伝えない。
ダニエル書とか 曖昧だし偽書だし。

岡本天明さんは あの神かかりとなる前に
太マニ研究をされていたので あの古代文字まじりの
筆記者として選ばれたのだ と私は思う。
ちなみに 
 アタクシは マニ教の方が前世ですが
 シュタイナーによるマニ教ってのが トホホ 善悪共に抱き参らせる方々なのだそうで。
 腸内細菌ってのは絶対悪玉菌を死滅させない。なぜなら消化の後に必要な
 排泄のための腐敗化をある程度させなければならないから。
 人間の体が 排泄しないでもよいほどに消化吸収器官が進化すれば 又 別になるでしょう。
 ともかく その腸内細菌から学ぶことを如何に人間社会に応用するかです。
 
 悪共に抱き参らせるとは 悪の為す理路とエネルギーを善に置き換える哲学や
 感情論を確立していくことかもしれない。
 しかし日月神示では そんな学や智ではならぬ
 と 再三注意が明示されている。
 だからといって寛容だけで 済むのかしら?
 勾玉のキ とは 喜び歓喜だと暗示され続けるが 
 一挙に平面的に理路しても
 なかなか 道筋とはならない。想念の立体化が必要になる。 
 こうなると SPECHolderじゃないと無理じゃん。と投げ出したくなる。

 昭和27年の4月11日の秋の巻冒頭に
これから30年で建て替え立て直し成ると宣言されていた。
しかしその10年後の某日 「他に型をだしておいた」
と天明さんに 日月の神は言葉で知らされた。
そしてその翌年 岡本天明さんは お亡くなりになる。

昭和57年 建て替え立て直しは あったのだろうか?
カネで治めてカネで潰す バブルとその崩壊はあったが
人々は 改心などしなかった。その再来を 3.11の後
又我々は 体験しているが ・・・ 泥海しかないのかね?
未だに人々は 古事記や日本書紀を神道の基だと思っている。
この誤解すら 綺麗に解明されていないのに
改心は 遅れるばかりだろう。

 日本会議なる者達の国家神道復興など
岩閉めの最たるものだと 彼らは露ほどに知らないのだから おぞましい。
王政復古の輩が 神社内に神仏習合で存在していた
仏像を撤去しただけなら まぁ 日月神示の神様の岩戸閉 仏魔云々に
従がっているようにも見えるが 撤去した後の破壊行為は
仏祀れ キリスト祀れ マホメット祀れ と宣言する日月神示の神様にすれば
やはり 愚行であり 魔物憑きの行動でしかない。
更に 彼らは たとえば 荒川区に 熊野前という街があるが
そこは 幕末まで 熊野神社が存在して 栄えた街だった。
しかし維新後 王政復古の魔物憑きどもが 徹底的破壊している。
タリバンと同じ精神構造と指摘されても致し方ない。
岡山のサムハラ神社も その憂き目にあっている。
大阪 立売堀のサムハラ神社は 岡山のサムハラ神社の縁者が
後年 こっそり建立されて 今や凄い人気だ。

つまり王政復古だの国家神道だのの輩が 神道を語るのは
騙りだということである。 遂に 今の総理大臣は 今上陛下に
神主さんをおやりになってくださっていれば充分 みたいな
ことをぬけぬけと 言いだしている始末。そう耳打ちしたのが
上智大の渡部昇一だったそうだが なんでドイツカトリックの
回し者が 日本会議だかの 首謀格であるのに
伊勢白山道あたりの人々は 批難せず 支持するのか 
私には 謎だ。

荒川区の熊野神社は 勿論 素戔嗚尊様を祀られていた神社であり
今 皇居となっている 旧・江戸城内にあった
同じく 素戔嗚尊様をお祀りする熊野神社も 
王政復古魔物憑きどもによって 放り出され
旧幕府徳川家によって南青山に移されて 現在に至っている。
南青山の熊野神社から歩いて10分の千駄ヶ谷駅近くに
富士塚が未だ残っているのでも有名な鳩の森八幡神社がある。
岡本天明さんが 仮宮司を務めていたお社だ。
日月神示の中で富士に祀れという時 しばしば この富士塚を
型を出す為に遣われていたのでは?と 
私は 思うのだが 定かではない。
門前仲町の富岡八幡にある富士塚跡に上ったことは
子供の頃近隣に住んでいたので何度かあるが
鳩の森八幡の 富士塚は溶岩石で盛り上げられていて
気を付けないと滑落するので ハイヒールなどで 上がらないこと!

その頂上には 奥山 という小さな宮が 未だ在る。
奥山斎というペンネームの由来であることは確かだ。

昨日 
そういえば 元旦以来 麻賀多神社様と天之日津久神社様に
伺っていないなぁと 思いつくまま 
私の今住む場所から 電車に乗れば一直線で
公津の杜駅まで行けるけれどなぁ~ 
驚く事に 気が付くと 昼頃 着いた。
駅前のヨーカ堂の地下のフードコートでインドカレー屋の野菜カレーを
ライスで頂戴したのは 戒律の無い宗教だと仰せだが
四足喰うのは共食いぞ!と 日月神示で何度も繰り返されるからね。
しもうた サグチキン(ほうれん草カレーとチキン)を見落としていた。

 公津の杜駅から 麻賀多神社まで 片道徒歩45分である。
但し 国道464号線は 大型トラックビュンビュン
途中 歩行帯が極端に狭いところがあるし
信号が少ないので 普通の乗用車も 制限速度オーバー。
バスは通勤時間帯しかない。タクシーで1270円。
但しそれは駅前から乗っての御代。参拝中待ってもらっても
携帯電話でタクシー会社に電話して迎車しても
往復3000円オーバーしてしまう。
兎に角 国道464号線沿いなので 宗悟堂あたりで道が交差する以外
ほぼ 間違えようの無い道のりである。歩くにしろ自動車で行くにしろ。

歩こう歩こう 歩くの大好き♪ と トトロの歌を歌って歩くが
途中何度も 「コノバカヤロー」と叫ぶ。猛スピードだす
大莫迦千葉ナンバー乗用車が 多い。高速道路と間違えている!
案外 砂利トラックの運転手の方が 節度がある。
そして 辿り着いて 驚いた。
麻賀多神社様は 建て替え中でした。
未だ基礎工事の基礎。 工事関係者以外 参拝者は
私だけ。 こうなりゃ ひふみも声出して唱えられるし
天津日継之皇命様 てんし様弥栄益しませ だって唱えられた。
そして 頭上では 良い声で鶯が ホーホケキョ を繰り返す。
天上に引き上げられるような錯覚をするほど ホーホケキョが
大きく木霊する。汗がスーッとひくほど心地よかった。
往路では その鳴声にすら気づかなかったが
復路では その美声が木霊する 林道に近い国道を
愉しんで歩けたのは ありがたかった。
しかも 夕方 我が家近くの坂の上からは
冠雪を溶かせて 夏のいでたちした 大きなる富士山が
でっけーかな 絶景かな 富士は晴れたり 日本晴れ
と 見栄をきりたくなるほど お見事なり♪


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

やすらぐことなどないじゃないか [映画 ]

えぇ テレ朝の『やすらぎの郷』のことです。
八千草薫さんが 凄いッたらありゃあしない!
浅丘さんも加賀さんも ねぇ~ なのだった。
石坂浩二主演というのは 最高の強味だわ このドラマ
しかも未だ一か月だってのに ドラマが次から次へと
巡る巡る季節の中で の方が主題歌としてよかったかもしれないと
思う事すらある。中島みゆきさんも北海道だけど松山千春さんは
もっと富良野に近いとこの人だし  
ねぇ~。

この企画を蹴ったという噂がある凋落傾向の
お台場のテレビ局さんは もう どうしょうもない。

 テレ朝は『女囚セブン』という深夜ドラマもやっている。
演出は私の嫌いな『SPEC』の監督のエピゴーネンが
やっているから TBSの『小さな巨人』の演出陣よりも
ランクが低い。包みのくだらない異化作用なんざ邪魔だ。
『女囚セブン』は剛力彩愛さんが芸者で
高島政伸演じる悪い代議士の社会的な悪行を暴こうとした
親友の芸妓殺害の濡れ衣で・・・ってその京都の置屋の
女将を演じるのが 女囚さそり で活躍した
梶芽衣子さんなわけで。それが面白い。シナリオ単純。
剛力さんが白塗りで芸妓として和服で踊る姿を観ると
ボタニティーアート(植物や虫を写真のように描くこと)出身なのに
喜多川歌麿は なぜ こんな風に女性を描いたのかしらという疑問が
いきなり溶解するのである。 そうか 江戸時代の美人って
彼女みたいな顔だったのだね。なるへそ。
ところで
歌麿や山東京伝を弾圧した 松平定信って人は
ボタニティアートの絵師を家臣にしていた。
星野文良である。その作品と落款は残っている。
この人が 後に 歌麿になるという小説を
まぁ 読みたい人は そんなにいないかな。
じゃあ 書くの止めよう。ちなみに 写楽は
なんのことはない 山東京伝のことですから。
法政大学の総長 田中優子先生の説、
一発御名答なのですが まぁ長くなるのでやめましょう。

 糸井さんの『ほぼ日』には あの『JIN』や『私を離さないで』の
シナリオを書いた森下佳子さんが ドラマ大好きコンテンツ
掲載してるのであります。 対談で。
私のブログのような否定 腹黒 批判 無し
まるで 淀川長治や山田宏一が映画に対して向けた
絶対的な愛情を 彼ら『ほぼ日』のドラマチェック班は
致すのである。 火10の『カルテット』後のドラマは
原作の漫画家さん自体が 
「登場人物に一切感情移入せずに描いている」
のだそうだ。 森下さんは それを 実験的と評価し
ドラマも それに即してちゃんと創られている・・・のだそうだ。
私なんぞは 頭が固いから 
作者が感情移入しねーんじゃ 
感情教育の役目を果たさないじゃないか!と怒髪天を突く。
ところが そんな 否定を東大で蓮實ゼミを受講していたはずの
森下さんですら 口にされない。 
これは立派な事ですよ。テレビドラマを徹底的に愛すことの方が
表層批評をするよりも『ほぼ日』においては 優先するのです。
といって表層批評を提言された蓮實重彦先生は ヨドチョウさんぐらい
映画を徹底的に愛し 観まくり男くんですから 誤解のないように。

 TBSの『小さな巨人』は オロナミンCの開発秘話ドラマ・・・
ではありませんでした。 
『MOZU』で 異常な芝居をしてみせた
長谷川初巳さんが 岡田将生さんと 口を歪めあって
精神的ホモ刑事世界を 生真面目にドラマにしている。
これは 意外に面白い。日曜劇場は 勧善懲悪に固定した
TBSの勝利ですよ。 筋はどうってことないけど。
キムタク医者ドラマのチームよりこの演出チームの方が
『逃げ恥』『カルテット』チームに近い。
『半沢直樹』で鍛えられたチームらしいが 顔のアップは
あと 15パーセント サイズ引いた方がいいと思う。
半沢より 真正面にしないのは 頭がいい。
真正面ショットなんて ほぼ在り得ない。
NHKの故・バカベンしかやらないの あーゆーことは。
おぉぉ オイラのドラマ評は 悪意に満ちているなぁ
これを読んで気分が悪くなった方は 『ほぼ日』に
飛んで ドラマをヨドチョウさんのように愛してやまない
人々の 好意に満ちた 世界で毒消しなさいませ。

※ でも 観てないのでなんなのだが
  森下佳子さん NHKの大河で
なんで 井伊直虎なんぞ引き受けちゃったかねぇ・・・
あのね 上杉謙信が女だったといのは かなり可能性高い。
そっちを やるべきですよ。井伊直虎が 武田の赤揃えを
別段継いだわけでもない リリーフ的登場で 謙信が
女性だったから まぁ 許された処置だったわけですから。
八千草薫さんの『ねぇ~』で この文章を締めます。
ねぇ~
★ 上記 俳優さんの名前表記に過ちが在ると思いますが
   訂正しておりません。 ごめんねジローです。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ